プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

研究資金公募情報

コンテンツタイトル下地
主な研究資金公募サイト
(学外・組織)

総合生物・医歯薬学

2022年9月20日

【AMED研究開発統括推進室基金事業課】革新的医療技術研究開発推進事業(産学官共同型)
革新的医療技術研究開発推進事業(産学官共同型)

研究開発費の規模(間接経費を含む):1課題当たり総額5~12億円(上限を超える提案も可能)
※AMEDからの委託研究開発費は1課題当たり総額の1/2以下(2.5~6億円)(研究期間での総額)

研究開発実施予定期間:最長5年度 令和4年度から令和8年度まで

応募締切:令和4年9月26日(月)
学内締切:令和4年9月16日(金)

▷詳細はこちら
【AMED疾患基礎研究事業部】腎疾患に対する病態解明研究(二次公募)
腎疾患に対する病態解明研究

研究開発費の規模:1課題当たり年間8,000千円(上限)(間接経費を含まず)

研究開発予定期間:最長3年 令和4年度~令和6年度

応募締切:令和4年9月30日(金)
学内締切:令和4年9月20日(火)

▷詳細はこちら
【AMED医療機器・ヘルスケア事業部】令和4年度 「開発途上国・新興国等における医療技術等実用化研究事業」に係る公募(二次公募)
公募研究課題名:開発途上国・新興国等における医療技術等実用化研究
研究開発費の規模(間接経費を含まず):1課題あたり年間 初年度11,500千円程度
2~3年度23,000千円程度

研究開発予定期間:最長2年4ヵ月 令和4年度~令和6年度

応募締切:令和4年9月30日(金)正午【厳守】
学内締切:令和4年9月20日(火)

▷詳細はこちら
【AMED医療機器・ヘルスケア事業部】令和4年度 ロボット介護機器開発等推進事業(海外展開)
・在宅向けロボット介護機器の海外展開
研究開発費の規模(開発経費を含まず):1課題あたり年間7,700千円(上限)
研究開発実施:4ヵ月(令和4年12月~令和5年3月)

公募締切:令和4年10月18日(火)
学内締切:令和4年10月7日(金)

▷詳細はこちら
【AMED先進的研究開発事業部】令和4年度 「ワクチン・新規モダリティ研究開発事業(一般公募)」に係る公募について
本事業では、今後のパンデミックに備える観点から、国が定める重点感染症に対して、感染症有事にいち早く、安全で有効な、国際的に貢献できるワクチンを国内外に届けることを目標としており、(1)感染症ワクチンの開発、(2)ワクチン開発に資する新規モダリティの研究開発を実施します。また、感染症有事には、発生前のファンディングを通じて得られた最新の知見・技術や、エビデンスを集積し、迅速・機動的に早期実用化を目指すこととしています。

1.重点感染症等に対する感染症ワクチンの開発(次のパンデミックを見据えたコロナウイルス感染症を対象とするものに限る)
公募開発費の規模(間接経費を含まず):必要額(全研究開発実施期間を通して最大30億円程度)
研究開発実施予定期間:必要最小限の期間(令和8年度まで)

2.新規モダリティを用いる感染症ワクチンの研究開発
公募開発費の規模(間接経費を含まず):必要額(全研究開発実施期間を通して最大10億円程度)
研究開発実施予定期間:必要最小限の期間(令和8年度まで)

常時公募

▷詳細はこちら
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る