プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

各種研究助成情報

コンテンツタイトル下地
主な研究資金公募サイト
(学外・組織)

複数分野

2022年3月15日

【産経新聞社】第35回独創性を拓く 先端技術大賞
募集対象
社会人部門:2020~21年度に発表した企業や産学連携等の研究開発成果(近い将来の実用化を見据えた技術論文、新製品などあらゆる研究開発)で研究者、研究グループ代表者の年齢がおおむね40歳以下の若手研究者、技術者。

学生部門:国・公・私立大学の学生・大学院生、工業高等専門学校生およびこれらの学生グループ。留学生も可。

表彰内容
<社会人部門>
最優秀賞:経済産業大臣賞
優秀賞:産経新聞社賞
特別賞
<学生部門>
最優秀賞:文部科学大臣賞
優秀賞:フジテレビジョン賞
    日本放送賞
特別賞

募集分野とテーマ(下記から1分野を選択、テーマは自由)
A エレクトロニクス・情報・AI
B バイオ、生体医療医薬食品
C 材料
D 環境・エネルギー
E 機械・ロボット・土木建築
F 化学
G ノンセクション=A~Fの複数領域にまたがるか、この領域外のテーマ

内容(下記のどちらか選択)
技術論文:日本語で書いた未発表の科学技術論文で将来へ夢をかけた独創性、創造性あふれる論文。字数は8,000字以内(部分的に学会誌などに発表したものは可。ただし発表先を明記。図表、参考文献、謝辞は字数に含まない)

新製品:技術内容を5,000字以内でまとめたもの。ニュースリリース、カタログ中心の応募は不可

応募締切:令和4年3月31日(木)

▷詳細はこちら
【戸部眞紀財団】2022年度(令和4年度)研究助成
趣旨
日本国内の大学、及び同等の研究機関に於ける、化学、食品科学、芸術学/デザイン学、体育学/スポーツ科学、及び経営学の分野の研究に対して、助成金を給付することにより、将来に有為なる人材を育成することを目的とします。

対象分野
  • 化学
  • 食品科学
  • 芸術学/デザイン学
  • 体育学/スポーツ科学
  • 経営学(ビジネス・公共経営、 マーケティング等)
応募資格:
代表研究者の年齢が2022年4月1日現在で40才以下であること(国籍不問)

助成金額:年額100万円(100万円以下の申請でも可。その場合は申請額を支給)

研究期間:2022年10月1日より2023年9月30日までの1年間

応募締切:令和4年4月20日(水)
学内締切:令和4年4月13日(水)
※学部長・研究科長等の推薦状が必要となります。

▷詳細はこちら
【クリタ水・環境科学振興財団】2022年度国内研究助成
助成対象分野
  • 自然科学・技術(1)
水処理に関する理論、技術、分析、材料などの研究
  • 自然科学・技術(2)
水域生態保全に関する研究
  • 人文・社会科学
水に関する文化、教育、歴史、政策、制度などの研究
  • 特別テーマ
「水を究める」研究
  • 萌芽的研究
a)自然科学・技術の分野、人文・社会科学の分野で
特に新しい切り口や手法に基づく水や水環境に関する研究
b)若手研究者あるいは独立して研究を開始する研究者による水や水環境に関する研究

応募資格

原則として45歳以下であること

研究助成対象期間:
2022年10月1日から2023年9月30日

応募期間:2022年4月1日(金)~4月22日(金)10:00必着(受信分まで)

助成金の交付:
自然科学・技術(1) 1,500,000円/年
自然科学・技術(2) 1,500,000円/年
人文・社会科学  1,000,000円/年
特別テーマ【水を究める】1,500,000円/年
萌芽的研究   1,000,000円/年

▷詳細はこちら
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る