プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

各種研究助成情報

コンテンツタイトル下地
主な研究資金公募サイト
(学外・組織)

総合生物・医歯薬学

2020年11月13日

(その他の分野は右下の「タグ」から検索可能です。)

【渡邉財団】第27回磁気健康科学研究助成・岡井治特別研究助成  30周年記念特別研究助成 2020

>>詳細はこちら

応募締切助成対象助成内容備  考
令和2年11月20日(金)
学内締切11月13日(金)
磁気いて健康維持増進科学する基礎応用研究
(30周年記念特別助成磁気健康科学する将来貢献度研究
通常助成総額1,000万円(採用件数未定)
岡井特別研究助成:100万円以内(採用件数1)
30周年記念特別助成2020:
500万円/(採用件数1~2)
所属機関承諾書必要となります

ページトップへ


 
【市村清新技術財団】第30回(令和3年度)植物研究助成

助成対象研究
(ア)植物研究利活用工学的手法いた植物生態研究
(イ)植物生態研究必要となる計測技術開発研究
(ウ)植物機能の利用によるみどりの回復植物多様性保全再生省資源する研究
>>詳細はこちら


応募締切助成金額助成期間備  考
令和2年11月30日(月)
学内締切11月13日(金)
150万円/件1年(令和3年4月1日から翌年3月31日)とします。所属機関長の推薦が必要となります


助成金額
一件当たりの助成限度額は150万円とします。
助成期間
1年(令和3年4月1日から翌年3月31日)
応募締切
令和2年11月30日(月)学内締切11月13日(金)
【天野エンザイム科学技術振興財団】第22回酵素応用シンポジウム研究奨励

「生化学」分野、「食品」分野の2分野で産業界に影響を与える酵素の基礎または応用研究の応募を受け付けております。

・「生化学」分野:遺伝子工学、代謝工学、生物生産、発酵生産、生体触媒、酵素・タンパク質工学、糖質、脂質、核酸、バイオリファイナリー、生物資源、バイオセンサー 等

・「食品」分野 :食品用酵素、食品機能、プレ・プロバイオティクス、食品化学、栄養化学、食品分析、食品工学、食品衛生、機能性食品、栄養免疫、臨床栄養 等

なお、「生化学」と「食品」の両分野にまたがる研究課題、また、どちらにも区分されないような酵素利用の研究課題につきましても、積極的なご応募をお待ちしております。その場合は、上記の「生化学」または「食品」のいずれか、関連が深い分野にて応募してください。

 


>>詳細はこちら
応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年11月30日(月)酵素の基礎または応用研究50万円/件
【G-7奨学財団】研究開発助成事業

>>詳細はこちら
応募締切対象分野助成内容備  考
令和3年1月31日(日)バイオ(医療や農業領域を含む)・IT分野における新事業または新用途につながる研究開発上限300万円/件
(10件程度)
奨学金については大学大学院して提出。(令和3年4月1日応募開始予定)

ページトップへ

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る