プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

政府系研究補助金情報

コンテンツタイトル下地
主な研究資金公募サイト
(学外・組織)

総合生物・医歯薬学

2020年6月18日

(その他分野は右下の「タグ」から検索可能です。)

【AMED創薬事業部】令和2年度「創薬基盤推進研究事業」に係る公募(3次公募)(産学官共同臨床情報利活用創薬プロジェクト(GAPFREE))

本プロジェクトは、公的資金に加えて、参画する製薬企業等(以下「参画企業」という。)も一定の研究費を拠出の上、その研究成果を製薬企業による創薬等につなげることを前提としており、複数の企業が関心をもつ疾患領域を特定して、複数のアカデミアによるグループと複数の製薬企業によるグループからなるコンソーシアムの構築をしたうえで、臨床研究等による質の高い臨床情報が付随した臨床検体を活用した産学官連携による創薬研究を行います。

>>詳細はこちら

応募締切対象分野研究期間助成内容
令和2年10月5日(月)
学内締切9月25日(金)
医薬品プロジェクト,がん,生活習慣病,精神・神経疾患,老年医学・認知症,難病,成育,感染症,その他最長5年度
令和2年度~令和6年度
詳細は公募要領を参照


ページトップへ

【AMED医療機器・ヘルスケア事業部】ウイルス等感染症対策技術開発事業(実証・改良研究支援)

>>詳細はこちら
応募締切対象分野研究期間助成内容
令和2年10月2日(金)学内締切9月25日(金)医療機器・システム等の社会実装令和2年度1課題当たり年間76百万円


ページトップへ

【AMED国際戦略推進部】令和2年度 「地球規模保健課題解決推進のための研究事業(日米医学協力計画の若手・女性育成のため日米共同研究)」に係る公募(二次公募)(COVID-19感染症に対する日米アジア共同研究)について

本公募は地球規模保健課題解決推進のための研究事業 日米医学協力計画の若手・女性育成のための日米共同研究公募の2次公募を、e-ASIA Joint Research Program (the e-ASIA JRP) と協調的に実施するものです。
本公募においては、新型コロナウィルス対策に資する医療分野 (Medical) の国際共同研究の提案を求めます。公募する研究の詳細につきましては、公募要領をご参照ください。
>>詳細はこちら

応募締切公募分野助成期間助成内容
令和2年10月22日(木)
学内締切10月12日(月)
Countermeasures for COVID-19 in Medical Research令和2年度~令和3年度(2年間)1課題当たり1年間約3,500千円(間接経費を含まず)


ページトップへ

【AMED国際戦略推進部】令和3年度 医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)

発展途上国のニーズを基に、地球規模課題を対象とし、将来的な社会実装の構想を有するODAと連携して推進します。

SATREPSでは、一国や一地域だけで解決することが困難で国際社会が共同で取り組むことが求められている課題(地球規模課題)の解決及び科学技術水準の向上につながる新たな知見や技術を獲得することやこれらを通じたイノベーションの創出を目的としています。また、この国際共同研究を通じて開発途上国の自立的研究開発能力の向上と課題解決に資する持続的活動体制の構築を図ります。


>>詳細はこちら
応募締切分野・領域研究期間助成内容
令和2年11月9日(月)
学内締切10月30日(金)

感染症分野「開発途上国のニーズを踏まえた感染症対策研究」3~5年年間1課題当たり1億円程度


ページトップへ

【JST】ムーンショット型研究開発事業 新たな目標検討のためのビジョン公募
新型コロナウイルス感染症を受けた社会情勢の変化を踏まえ、新たなムーンショット目標の検討を進めることとなりました。今後の時代を担う若手の柔軟かつ自由なアイデアを取り入れながら、「ポストコロナ/アフターコロナ」を見据えた将来の社会経済のあるべき姿(ビジョン)を議論していきたいと考えています。そのため、新たな目標案の検討を行う若手を中心とする目標検討チームを公募します。

>>詳細はこちら
応募締切調査研究期間調査研究費採択予定課題数
令和2年11月10日(火)6か月程度(2021年1月~6月)1提案あたり500万円程度/実施期間(直接経費)を目安(間接経費別途措置)20件程度を予定


ページトップへ

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る