プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

各種研究助成情報

コンテンツタイトル下地
主な研究資金公募サイト
(学外・組織)

環境学・エネルギー

2021年6月22日


(その他の分野は右下の「タグ」から検索可能です。)

【谷川熱技術振興基金】令和3年度 助成研究実施者募集
工業炉・燃焼装置などおよびこれに関連する装置・部品・材料などの熱技術および
生産技術に関する次の基礎研究ならびにその実用化研究
① 燃焼技術
② エネルギーおよび熱利用技術
③ 環境保全および省エネルギ-技術
④ 脱炭素技術
⑤ その他の関連技術

助成金額:総額 1,400 万円
助成研究期間:令和3年10月より1年以内

提出期限:令和3年7月20日(火)必着
学内締切:令和3年7月6日(火)
※所属機関長の承認が必要となります。

▷詳細はこちら

ページトップへ

【岩谷直治記念財団】第88回(2021年度)岩谷科学技術研究助成

当財団は、科学技術に関する研究開発の助成及び奨励、国際交流の推進のための援助並びに人材の育成を行うことにより、
科学技術全般の一層の発展を図り、もって国民生活の向上及び国際的な相互理解の促進に寄与することを目的としています。
助成内容:1件当りの助成限度額は200万円です。
研究課題:次の分野に関する独創的な研究です。
  • 再生可能エネルギー源
  • 将来に期待される燃料
  • エネルギーの変換、輸送、利用の高効率化、合理化など
  • エネルギー材料
  • 低温の利用
  • 環境保全、地球温暖化防止、エネルギー利用上の安全性


応募締切:令和3年7月31日(土)
学内締切:令和3年7月14日(水)
研究科長(またば関連学部長)の推薦必要となります
※一部局3件以内

▷詳細はこちら

ページトップへ

【サイサン環境保全基金】2021年度 助成募集

対象者
個人:私的な活動ではなく、地域、社会、人々に働きかけ、又は影響を与えるものであること
団体:法人は問いませんが、代表者、所在地、及び会計内容(記帳、出納)が明確であること

事業期間:原則単年度(4月から翌年3月まで)
助成額:
普通助成 最高額250万円
特別助成(緊急の場合)最高額25万円

応募締切:
普通助成 令和3年8月16日(月)
特別助成(緊急の場合)随時

▷詳細はこちら

ページトップへ

【矢崎科学技術振興記念財団】2021年度学術賞表彰

応募期間:6月1日(火)~8月31日(火)
学内締切:8月24日(火)

学術賞の対象:過去に研究助成を受けた研究者の中から、優れた業績をあげた方を表彰します。
楯及び賞金(功績賞:50万円、 奨励賞:30万円)を贈呈。

▷詳細はこちら

ページトップへ

【矢崎科学技術振興記念財団】2021年度 研究助成/2021年度 特定研究助成

応募締切:8月31日(火)
学内締切:8月24日(火)

研究助成
独創的で成果が科学技術の進歩に大きく貢献すると考えられる研究を対象とします。

⑴一般研究助成(情報、新材料、エネルギーに関する分野) 
 助成期間3年で200万円以内の助成
⑵奨励研究助成(情報、新材料、エネルギーに関する分野)
若手研究者(応募時点で原則35歳以下)に対して、助成期間1年で100万円以内の助成

※研究機関長の推薦が必要となります。
※推薦件数:それぞれの種類ごとに2件まで。

特定研究助成
「特定研究助成」は、当財団が提示する研究課題 を受け、「社会」または「学術界」への具体的な貢献を視野に
入れて行う実現可能性の高い独創的研究を支援するもの。

●研究テーマ
領域a:人の活動を高度に支援するための革新的技術に関する研究。
領域b:革新的なモビリティ社会の構築を支える基盤技術に関する研究。

助成金額:初演度は300万円以内。3年間で1,000万円以内
助成期間:2022年4月1日から3年以内

※所属機関長の推薦が必要となります。
※1研究機関につき1件まで。

▷詳細はこちら

ページトップへ

【東電記念財団】2021年度研究助成(一般研究)(基礎研究)・国際交流援助

研究助成(基礎研究)

助成の趣旨:優れた若い学術研究者が、基礎研究において成果を出し、世界で活躍出来る研究の機会を提供すること。
対象分野:産業・生活に関わる電気・エネルギー関連の技術を向上させる基礎的な研究への助成
応募資格:原則として40歳程度まで

助成期間:2年~3年
助成額:500~1,000万円/件(最終採択額は財団が決定・年額上限は助成総額の7割)
募集期間2021年4月1日(木)~2021年9月30日(木)

研究助成(一般研究)

助成の趣旨:電気・エネルギー分野における課題を解決することを目的とし、独創性があり、関係者の関心を集める研究への助成
対象分野:電気・エネルギー分野の研究活動全般(社会的・人文的な研究を含む
応募資格:所属・年齢の制限なし
助成期間:1~2年
助成額:上限100万円/件(採択額は財団がけ艇)
予備審査募集期間:令和3年4月1日(木)~令和3年6月30日(水)


国際技術交流援助 (海外渡航・滞在)

助成の趣旨:電気・エネルギー関連の産業・生活に関わる技術の向上を目的として、様々な形での国際技術交流を支援すること。
対象分野:上記の分野での調査・研究・成果発表・共同研究などのための海外渡航・滞在
応募資格:
  1. 日本国内の大学・大学院あるいはそれと同等の研究機関に所属する研究者もしくは応募時点で大学院学生であること。(学部生不可)
  2. 2022年4月1日時点で40歳未満であること。

援助額:旅費・会議登録費・宿泊費の一部(web開催の場合は会議登録費のみ)
募集期間(上期):令和3年4月1日(木)~令和3年5月31日(月)
募集期間(下期):令和3年6月1日(火)~令和4年1月31日(月)


▷詳細はこちら

ページトップへ

【八洲環境技術振興財団】2021年度 研究開発・調査助成/国際会議・研究発表会等の参加、およびシンポジウム等の開催助成
基礎試験研究・調査に対する助成

研究課題:
(1) 再生可能エネルギー源等に関連する技術開発
(2) クリーン燃料
(3) エネルギーの転換、輸送、貯蔵、利用の高効率化、合理化およびそれらのシステム
(4) エネルギー材料、デバイス
(5) 環境保全、地球温暖化防止、エネルギー利用上の技術
(6) 環境技術マネジメントの基礎研究 等

助成金額:100万円/件 毎年25件程度

応募期間:8月1日~10月31日
学内締切:2021年10月22日
※所属機関長の推薦が必要となります。

国際会議・研究発表会等の参加、およびシンポジウム等の開催助成

環境負荷低減、環境保全等の環境に関する技術の普及・啓発を目的とした、シンポジウム・講演会等の参加、開催を支援。

助成金額:最大20万円/件 8件程度

開催期間・応募期間・学内締切

開催期間(2021年10月1日~2022年3月31日)
応募締切(2021年6月10日)
学内締切(2021年6月3日)

第Ⅱ期
開催期間(2022年4月1日~2022年9月30日)
応募期間(2021年10月10日~2021年12月10日)
学内締切(2021年12月3日)

▷詳細はこちら

ページトップへ

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る