プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

各種研究助成情報

コンテンツタイトル下地
主な研究資金公募サイト
(学外・組織)

学会等開催費・招聘(派遣)・フェローシップ(応募期間終了)

2020年11月19日

【前田記念工学振興財団】令和3年度 国際会議助成

助成会議:令和3年度に我が国で開催される、土木・建築・i-construction分野に関する国際会議
助成金額:土木分野・建築分野・i-construction分野・共通 合わせて2件程度 100万円/件
募集締切:令和2年11月6日(金)12:00到着分まで

>>詳細はこちら

ページトップへ

【大林財団】2020年度 研究助成、奨励研究助成、在学実務研究助成、国際交流助成、国際会議助成

都市に関する学術的な研究、都市に関する学術研究を行う外国人研究者の招聘及び国内
研究者の海外派遣および、都市に関する国際会議に対して助成を行ないます。
>>詳細はこちら

応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年10月30日(金)都市に関する研究研究助成:150万円/件
奨励研究助成:80万円/件
在外実務研究助成:80万円/件
国際交流助成:90万円/件
国際会議助成:150万円/件

ページトップへ

【山田科学振興財団】2021年度 海外研究援助

>>詳細はこちら
応募締切対象分野助成金額助成対象
令和2年10月31日(土)
学内締切10月23日(金)
直接指導者又は所属機関長による推薦書が必要
物理学・化学・生物医学及びそれらの複合領域・関連分野100万円~200万円/件(申請区分による)2021年4月~2022年3月に出発予定の方


ページトップへ

【スガウェザリング技術振興財団】第40回 助成 (研究助成、国際会議助成)

1.研究助成

(1) ウェザリング技術あるいはその関連技術について実績があり、かつ今後の発展が期待できる研究目標を持つ研究者または研究グループ。
(2) ウェザリング技術あるいはその関連技術について強い関心を持ち、明確な研究目標を持つ若い研究者。

2.国際会議助成

(2)ウェザリング技術に関わる国際会議を主催する者で、その会議が具体的な成果として我が国のウェザリング技術の発展に資するものと認められる会議であること。

>>詳細はこちら
応募締切助成内容対象期間備  考
令和2年10月30日(金)
学内締切10月16日(金)
研究助成
50万円/、100万円/
国際会議助成
50万円/
令和3年4月1日〜令和4年3月31日までの単年度の研究または国際会議学長学部長推薦必要となります。
・原則として1団体2


ページトップへ

【メルコ学術振興財団】2020年度 第二次研究助成、第二次国際交流助成、第二次出版助成

第二次研究助成
応募締切対象分野助成内容備  考 
令和2年10月12日(月)
学内締切9月28日(月)
管理会計技法、管理会計システム、事業承継システム研究助成A:30万円~200万円程度/
研究助成B:60万円/×3年間
挑戦的萌芽研究助成:30~200円程度/
所属機関代表者(学部長研究所長)の推薦必要となります。
大学院生上記指導教員推薦必須とします。

第二次国際研究交流助成
応募締切対象分野・対象者助成内容備  考
令和2年10月12日(月)
学内締切9月28日(月)
管理会計学の研究
20201215日~202111末日出発または招聘予定している
大学院生学会派遣:20万円程度/件
学会報告派遣:30万円程度/件
短期派遣:50万円以下/件
件中期派遣:月10万円程度/件
招聘:50万円以下/件
所属機関代表者(学部長研究所長)の推薦必要となります。
大学院生上記指導教員推薦必須とします。

第二次出版助成
応募締切助成対象助成内容備  考
令和2年10月12日(月)
学内締切9月28日(月)
202111日~6末日研究成果財団研究叢書として財団指定出版社から出版できるもの150万円/所属機関代表者(学部長研究所長)の推薦必要となります

ページトップへ

【三五ものづくり基金】ものづくり基金 助成事業

(事業 1) 研究開発助成 

ⅰ) 金属の塑性を利用した加工(塑性加工)に関わる研究開発
ⅱ) 金属の特性を利用した溶融、接合及び組立に関わる研究開発 
ⅲ) 金属の加工に必要な金型、治工具、設備に関わる研究開発
ⅳ) 自動車等輸送機器に関する環境負荷低減に関わる技術の研究開発 

(事業 2) 啓発教育助成

(事業1)研究開発助成の対象分野の啓発教育に関わる申請者主催の会議、 集会等の開催準備費用

>>詳細はこちら
応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年9月30日(水)研究開発助成
塑性加工溶融接合組立金型工具設備輸送機器わる研究開発
啓発教育助成】啓発教育に関連する会議・集会等の開催に要する費用
研究開発助成
1テーマにつき上限300万円
啓発教育助成
1上限20万円
 助成期間1年間


ページトップへ

【徳山科学技術振興財団】2021年度 国際シンポジウム助成

>>詳細はこちら
国内で開催される、新材料(無機、有機、高分子、その他)およびこれに関連する科学技術分野の国際シンポジウム

応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年9月23日(水)新材料およびこれにする科学技術分野100~300/

ページトップへ

【ノバルティス科学振興財団】第34回ノバルティス研究奨励金、研究集会助成

生物・生命科学とそれに関連する化学・情報科学の領域の創造的な研究と研究集会を助成しています。
>>詳細はこちら

第34回ノバルティス研究奨励金
生物・生命科学、関連する化学および情報科学の領域における創造的な研究を助成する
応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年9月15日(火)
学内締切9月1日(火)
(理工研のみ申請可)
生物生命科学関連する化学情報科学100万円/
35程度
研究機関長研究科長学部長推薦必要となります。
1推薦者につき、原則として1件とします

研究集会助成
わが国で開催される国際色豊かな、生物・生命科学、関連する化学および情報科学の領域の研究集会を助成する
応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年9月30日(水)生物生命科学関連する化学情報科学40万円/
5程度

ページトップへ

【内藤記念科学振興財団】第52回(2020年度)内藤記念海外学者招聘助成金


日本国内で開催する学会へ海外から研究者を招聘する際の渡航費および滞在費を助成します。
招聘時期によって申請時期が前期と後期に分かれています。
>>詳細はこちら

応募締切対象分野助成内容備  考
前期:2020年6月1日
学内締切5月25日(月)
後期:2020年9月24日
学内締切9月17日(木)
自然科学地域により
20~80万円/件

ページトップへ

【内藤記念科学振興財団】第37回(2020年度)内藤記念海外研究留学助成金


若手研究者が海外の大学等研究機関に長期間留学する渡航費、留学に伴う経費ならびに研
究費を補助する助成金です。博士号を取得し8年未満もしくは出発日までに博士号取得見込
でかつ1980年4月1日以降出生の研究者を対象としています。留学期間は、1年以上とします。
>>詳細はこちら

応募締切対象分野助成内容備  考
2020年9月24日(木)
学内締切9月17日(木)
自然科学450万円/件研究科長学部長の推薦書が必要となります。
推薦件数:1推薦者につき1件

ページトップへ

【東北大学研究推進支援機構 知の創出センター】東北大学「知のフォーラム」2022年度開催テーマプログラム
>>詳細はこちら

応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年8月31日(月)社会科学、人文科学、物理科学、生命科学最大1,000万円
プログラム運営
海外からの研究者招へい

ページトップへ

【NEC C&C財団】「国際会議論文発表者助成」2020年度 後期

海外で開催される国際会議において、C&C技術分野、即ち情報処理技術、通信技術、
電子デバイス技術およびこれらの技術が融合する技術分野に関する論文発表などを行う
研究者に対し、その会議出席のための費用を補助します。
(渡航費、参加費、他関連費に充当可)  

2020年10月15日(木)~2021年4月30日(金)開催の査読付き国際会議

>>詳細はこちら


応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年8月31日(月)C&C分野及びその関連技術12~25万円/1
開催地などによる
大学院生対象
指導教員の推薦が必要となります

ページトップへ

【中島記念国際交流財団】日本人若手研究者研究助成・日本人海外留学奨学生募集
>>詳細はこちら

応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年8月21日(金)【日本人若手研究者研究助成】
情報科学・生命科学
【日本人海外留学奨学生募集】
情報科学・生命科学・経営科学
【日本人若手研究者研究助成】
500万円以内/件
【日本人海外留学奨学生募集】
・奨学金(月額) 20万円
・支度金50万円(往路渡航費含む)
・復路航空賃(留学終了後の帰国時1回分) 
・授業料(留学当初の2年間に限り年間300万円以内)
【日本人海外留学奨学生】原則として指導教官による推薦書が必要

ページトップへ

【上原記念生命科学財団】2020年度 リサーチフェローシップ
>>詳細はこちら

応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年9月3日(木)
学内締切8月20日(木)
【第1~3部門】
東洋医学・体力医学・社会医学・栄養学・薬学一般/基礎医学/臨床医学
【第4部門】
生命科学と他分野との融合領域
渡航費および滞在費1年分として
450万円以内/件
研究科長または学部長の推薦が必要となります。
推薦件数
1推薦者 原則1件

ページトップへ

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る