プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

各種研究助成情報

コンテンツタイトル下地

総合理工・化学・工学

2020年6月18日


(その他の分野は右下の「タグ」から検索可能です。)

【日本鉄鋼協会】第30回鉄鋼研究振興助成

会は、大学等における鉄鋼研究活性化のため、また優れた学生が鉄鋼研究に魅力を
感じて受給者のもとに参集することを支援するために、標記事業を実施しております。

 なお、若手研究者を積極的に助成するため、若手(目安として35歳(2020.4.2現在)
以下まで)の受給者を優先的に採択し、そのうち1名に「石原・浅田研究助成」の名称
が付与されます。

>>詳細はこちら

応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年7月20日(月)鉄鋼および鉄鋼関連する材料・プロセスにする分野1あたり総額100万円以上
最大300万円


 

ページトップへ

【天田財団】令和2年度 研究開発助成・国際交流助成
>>詳細はこちら

応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年7月31日(金)
学内締切7月22日(水)
塑性加工 レーザープロセッシング【研究開発助成】
①最高1,000万円
②最高300又は200万円
③最高200万円
【国際交流助成】
④50万円
⑤150万円
⑥35万円・70万円
⑦35万円
⑧100万円
所属機関長(大学・大学院:学部長・研究科長)の推薦が必要となります。

ページトップへ

【鷹野学術振興財団】2020年度 研究助成

>>詳細はこちら

応募締切対象分野助成内容 備  考
令和2年9月15日(火)
学内締切9月8日(火)
電気電子工学光学関連画像処理関連機械工学物理学情報工学材料工学化学関連医療機器開発製造健康福祉機器開発製造環境・エネルギー関連農学300万円以内/研究科長指導教授いは所属する研究機関責任者はこれにじる推薦必要となります

ページトップへ

【日立財団】2020年度(第52回)研究助成「倉田奨励金」


>>詳細はこちら


人文・社会科学研究部門
科学技術の進歩がもたらす社会の変容、その背景に潜む複合的な諸問題を人文・社会科学の視点
(社会、文化、文学、歴史、哲学、倫理、法律、経済等)から読み解き科学技術の発展の意味や価
値と社会のあり方を探求する研究。
応募締切助成内容採択件数研究期間
令和2年9月15日(火)
学内締切9月8日(火)
80~100万円程度/1件10件程度/年1年

自然科学・工学研究部門

国際的な視野で社会課題の解決に資する、若手研究者(45歳以下)による独創的、先駆的な研究。
また共通して、自然科学・工学研究の観点による文理融合研究も対象とします。
Ⅰ.エネルギー・環境
Ⅱ.都市・交通
Ⅲ.健康・医療

応募締切助成内容採択件数研究期間
令和2年9月15日(火)
学内締切9月8日(火)
(1年)100万円程度/1件
(2年)300万円程度/1件
(1年)25件程度/年
(2年)3~4件程度/年
1年または2年(申請時に選択)


ページトップへ

【エヌエフ基金】第9回 研究開発奨励賞

>>詳細はこちら
応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年9月10日(木)
(応募書類は9月15日必着)
「先端計測」
「環境・エネルギー」
研究開発奨励賞:副賞10万円
研究開発奨励賞優秀賞:副賞50万円
2020年12月末時点で満35歳以下の方

ページトップへ

【徳山科学技術振興財団】2021年度 研究助成

新材料(無機、有機、高分子、その他)およびこれに関連する科学技術分野で、新材料
開発の基礎ならびに応用を指向する独創的な研究
応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年9月23日(水)
学内締切9月14日(月)
新材料およびこれにする科学技術分野1.研究助成:2,000千円/
2.スタートアップ助成(NEW):1,000千円/
 3.発展研究助成(NEW) :5,000千円/
学長、学部長または研究所長の推薦必要となります

ページトップへ

【江野科学振興財団】第32回(2020年度)研究助成

ゴムを主体とする高分子化学及びこれと関連する分野の基礎研究、応用研究及び開発研究
並びに化学、物理、機械、電気などの学際的研究。
大学又は研究機関に所属する研究グループ及び個人研究者を対象とし、次の2つに分類します。
①「一般研究助成」前項に該当する優れた研究を助成します。研究者の年齢制限はありません。
②「田中康之ゴム科学賞」ゴムの科学技術(化学、生物学、物理学、工学)における若手研究
者の特に優れた研究の支援を目的とし、大学院博士課程在籍者を含む36歳未満(2020年4月1日
現在)の方を対象とします。
応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年9月30日(水)
学内締切9月23日(水)
ゴム・高分子びこれとする分野一般研究助成
200万円(1以内
100万円(5以内
田中康之ゴム科学
200万円(1以内
学部研究科推薦必要となります

ページトップへ

【人工知能研究振興財団】第31回 令和2年度 人工知能研究助成

人工知能及び関連技術分野(人工知能を活用した情報処理技術、情報通信技術等)の高度化に
関する調査、研究及び開発(以下「研究」という)であって、次の各号に掲げるものとします。
①産業・環境分野における技術高度化並びに生産性改善のための
人工知能及びその利用技術に関する研究
②医療・介護・教育・経済・法律等の知的支援に関する研究
③画像・音声理解、ヒューマンインターフェイス、エンターテイメント、感性情報処理の
 高度化に関する研究
④ロボットの感覚・運動・思考・知能・感情・インタラクション等に関する研究
⑤インターネット・IoT・モバイルシステムの知的で安全な利用法に関する研究
⑥その他、人工知能の基礎及びその利用技術等に関する研究

>>詳細はこちら

応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年9月30日(水)人工知能並びに人工知能関連技術100万円採択が決定した場合、研究助成金の支払方法は、前払いを選択してください

ページトップへ

【コニカミノルタ科学技術振興財団】令和2年度 コニカミノルタ画像科学奨励賞

イノベーション創出には、異分野技術の取り込みや融合が不可欠であるとの認識に基づき、
異分野の技術者の交流を活性化し、技術融合を加速することを目的として、単一分野のテ
ーマに加えて、異分野との連携をテーマとした研究の2つに分けて募集します。

奨励賞:研究者単独の申請もしくは同一分野の研究者による共同申請。
連携賞:異分野の研究者2名以上による申請で2名共に応募資格を満たす必要があります。

>>詳細はこちら
応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年9月30日(水)①光と画像に関する材料及びデバイスの研究
②光と画像に関するシステム及びソフトウエアの研究
③光と画像に関するその他の先端的な研究
奨励賞優秀賞
100万円/
奨励賞
50万円/
連携
100万円/

ページトップへ

【丸文財団】第24回(令和2年度)研究業績表彰

  1. 集積エレクトロニクス及び情報システム応用
  2. 光エレクトロニクス
  3. 先端デバイス・材料及びシステム
  4. エネルギー・環境エレクトロニクス
  5. バイオ・医用エレクトロニクス
>>詳細はこちら
応募締切助成内容機関承認備  考
令和2年10月30日(金)
学内締切10月16日(金)
丸文学術賞
300万円/件

丸文研究奨励賞
200万円/件
所属長(学科長・学部長・研究所長)等の推薦が必要となります推薦者1名につき推薦数は1件

ページトップへ

【丸文財団】第24回(令和2年度)交流研究助成

  1. 集積エレクトロニクス及び情報システム応用
  2. 光エレクトロニクス
  3. 先端デバイス・材料及びシステム
  4. エネルギー・環境エレクトロニクス
  5. バイオ・医用エレクトロニクス

>>詳細はこちら
応募締切助成内容機関承認備  考
令和2年10月30日(金)上限150万円/件学科長、主任教授等(直接の指導教官でも可)の推薦が必要となります推薦者1名につき推薦数は1件

ページトップへ

【大林財団】2020年度 研究助成、奨励研究助成、在学実務研究助成、国際交流助成、国際会議助成

都市に関する学術的な研究、都市に関する学術研究を行う外国人研究者の招聘及び国内
研究者の海外派遣および、都市に関する国際会議に対して助成を行ないます。
>>詳細はこちら

応募締切対象分野助成内容備  考
令和2年10月30日(金)都市に関する研究研究助成:150万円/件
奨励研究助成:80万円/件
在外実務研究助成:80万円/件
国際交流助成:90万円/件
国際会議助成:150万円/件

ページトップへ

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る