プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

各種研究助成情報

コンテンツタイトル下地
主な研究資金公募サイト
(学外・組織)

学会等開催費・招聘(派遣)・フェローシップ

2022年10月28日

【丸文財団】第26回(令和4年度)交流研究助成
対象技術分野
  1. 集積エレクトロニクス及び情報システム応用
  2. 光エレクトロニクス
  3. 先端材料・デバイス及びシステム
  4. エネルギー・環境エレクトロニクス
  5. バイオ・医用エレクトロニクス

助成金総額:1,600万円以内(1件につき原則として上限150万円)
※海外へ派遣される日本人研究者の場合は、《海外研究特別奨励》の上乗せ助成が認められた場合、助成金上限は300万円になります。
助成対象期間:原則として2023年4月1日から2024年3月31日までのうち、3ヶ月以上の受入期間または派遣期間が助成対象になります(多少の期間変更は可)

応募資格:大学院生または若手研究者であること(国籍不問)
所属長等による推薦が必要
※推薦者1名につき推薦数1件

応募締切:令和4年10月28日(金)
学内締切:令和4年10月14日(金)

▷詳細はこちら
【飯島藤十郎記念食品科学振興財団】2022 年度外国人留学生研究助成
助成対象となる研究分野

米麦その他の主要食糧等を原料とする食品に関して次の①~③に掲げる分野に係る食品科
学等の研究
① 生産・加工・流通に関する基礎的研究
② 製造技術及び品質保持技術の開発に関する研究
③ 安全・衛生、栄養・機能等に関する研究

助成対象:指定する研究分野を専攻する大学院生(博士課程後期相当)
助成金額:100万円以内/件
助成期間:交付後、原則1カ年(2023年4月~2024年3月)

申請締切:令和4年11月30日(水)必着
学内締切:令和4年11月15日(火)
※所属機関長の推薦が必要
※指導教員1名につき申請1件 学内推薦2件

▷詳細はこちら
【電気通信普及財団】2022年度11月期 シンポジウム・セミナー等開催援助(学術分野)
① 情報通信の研究、普及・発展に関して学術的に寄与する会議等(学術分野)
・100万円以下/件
② 情報通信の普及、利活用の振興に社会的に寄与するシンポジウム・セミナー等(社会貢献分野)
・ 100万円以下/件

援助の対象期間:原則2023年4月から2024年3月までに開催するもの

申込受付締切:令和4年11月30日(水)

▷詳細はこちら
【東電記念財団】2022年度 国際技術交流援助(海外渡航、滞在)
助成の趣旨:
電気・エネルギー関連の産業・生活に関わる技術の向上を目的として、様々な形での国際技術交流を支援すること
対象分野:上記の分野での調査・研究・成果発表・共同研究などのための海外渡航・滞在

応募資格:
  1. 日本国内の大学・大学院あるいはそれと同等の研究機関に所属する研究者もしくは応募時点で大学院学生であること。(学部生不可)
  2. 2023年4月1日時点で40歳未満であること。

募集期間:
(上期)2022年4月1日(金)~2022年5月31日(火)24:00必着
(下期)2022年6月1日(水)~2023年1月31日(火)24:00必着

※研究科長に推薦依頼する場合はすべて1週間前までに研究推進・国際連携課へ

▷詳細はこちら
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る