プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

各種研究助成情報

コンテンツタイトル下地
主な研究資金公募サイト
(学外・組織)

総合理工・化学・工学(応募期間終了)

2022年5月6日


(その他の分野は右下の「タグ」から検索可能です。)

【立石科学技術振興財団】2023年度 研究助成(S)

対象分野: ①生活・健康 ②交通・物流 ③生産(※) ④環境

助成金額:プロジェクトあたり、助成期間を通して総額3,000万円を上限とする
助成期間:2023年4月1日から原則3年間とし、2026年3月31日迄に終了すること。

募集締切:令和4年9月30日(金)消印有効
学内締切:令和4年9月22日(木)
※所属長の承諾が必要となります

▷詳細はこちら
【松籟科学技術振興財団】研究助成及び国際交流派遣事業
研究助成事業
研究課題 課題A:「植物有用成分およびバイオマス資源の高度利用に関わる研究」
課題B:「エレクトロニクス複合材料および次世代実装に関わる研究」
課題C:「持続可能な社会を実現する有機系新素材およびその機能化に関わる研究」

応募資格 年齢制限:45歳以下とする(原則)
助成金総額:4000万円以内
助成額:100万円~300万円/件

公募締切:2022年9月30日(金)
学内締切:2022年9月22日(木)

国際交流派遣事業(随時募集)
航空運賃および宿泊費について実情を勘案して決定する(※援助期間は原則1週間以内)

応募締切:随時
学内締切:随時
※研究機関長の推薦及び出張の承諾を受けた45歳以下(原則)の研究者(学生、院生は除く)

▷詳細はこちら




【江野科学振興財団】第34回(2022年度)
助成対象の研究分野
ゴムを主体とする高分子化学及びこれと関連する分野の基礎研究、応用研究及び開発研究並びに化学、物理、機械、電気などの学際的研究。

助成金額:「一般研究助成」200万円/件、100万円/件
「田中康之ゴム科学賞」200万円/件

研究期間:原則1年以内

応募締切:2022年9月30日(消印有効)
学内締切:2022年9月14日
※学部長、研究科長等の推薦が必要となります。

▷詳細はこちら
【ホーユー科学財団】2022年度研究助成募集
助成対象:
  1. 国内の国公私立大学(含付属研究機関)または国公立研究機関に所属する研究者を助成対象とする。
  2. 応募は個人研究を対象とするが、共同研究者があってもよい。
  3. 応募は1人1件を原則とするが、研究課題が異なる場合は複数申請を認める。

助成金額:50万円/件もしくは100万円/件

助成期間:2023年4月1日~2024年3月31日
募集締切:2022年9月30日(必着)

▷詳細はこちら
【向科学技術振興財団】令和4年度 研究助成

助成対象:物質の分離技術の分野における素材、技法の基礎研究に対する助成。

研究助成金:150万円以下/件

助成対象期間:2022年7月1日より2022年9月30日まで
※但し事前の申請より1年を超えても可

募集締切:2022年9月30日
学内締切:2022年9月22日
※所属機関長の承諾書が必要となります

▷詳細はこちら
【コニカミノルタ科学技術振興財団】令和4年度 コニカミノルタ画像科学奨励賞
奨励賞:研究者単独の申請もしくは同一分野の研究者による共同申請。
連携賞:異分野の研究者2名以上による申請で全員が応募資格を満たす必要があります。

対象研究分野

AI、エレクトロニクス、ICT、医療、生命科学、生物、バイオテクノロジー、材料、デバイス、光学、環境、スマート農業、エネルギー、ロボティクス等の幅広い技術領域を対象とします。
これら様々な研究分野における「光と画像」に関わる研究で、社会課題の解決に寄与する斬新な発想による挑戦的な研究を以下の3分野に分けてテーマ募集します。

  1. 光と画像に関する材料及びデバイスの研究
  2. 光と画像に関するシステム及びソフトウエアの研究
  3. 光と画像に関するその他の先端的な研究

応募資格:年齢は40才以下(令和4年9月30日時点)とします。大学院生も応募可能
助成金額:
  • 奨励賞(優秀賞)4件程度 助成金1件 100万円
  • 奨励賞10件程度 助成金1件 50万円
  • 連携賞2件程度 助成金1件 100万円

募集締切:令和4年9月30日(金)

▷詳細はこちら
【ポリウレタン国際技術振興財団】第8回(令和4年度)研究助成
対象とする研究分野は、ポリウレタンを主体とする高分子化学及びこれに関連する分野の 基礎研究、開発研究および応用研究並びに化学、物理、機械、電気などの学術的研究とし、特にサステナビリティ、脱炭素、省エネ、環境負荷低減 等の研究領域を募集します。

「一般研究助成」「海外優秀研究助成」
年齢制限なし
研究助成:100万円/件
研究期間:1カ年以内
応募締切:令和4年9月30日(金)
学内締切:令和4年9月22日(木)

▷詳細はこちら
【日本溶接協会】2023年度次世代を担う研究者助成事業
溶接・接合技術の発展と活性化を図るため、次世代を担う研究者の研究活動を支援する
ことを目的とする。
助成対象:2023年4月1日現在で45歳以下の研究者(国籍不問)
助成期間:1年(2023年4月1日~2024年3月31日)
助成金額:100万円

応募締切:2022年9月30日(金)

▷詳細はこちら
【スズキ財団】2022年度 科学技術研究助成/研究成果普及助成/研究者 海外研修助成
科学技術研究助成
助成対象研究:国民生活用機械等の生産・利用・消費に係る科学技術に関する研究でかつ独創的・先進的、又は基礎的・先導的な研究開発課題
1) 科学技術研究助成(一般)
年齢制限なし
研究助成額:最大300万円
2) 科学技術研究助成(若手)
35 歳以下(2022 年 4 月 1 日時点)の若手研究者を対象
研究助成額:一律100万円

助成期間:2023年4月1日~2024年3月31日までの1年間

応募締切:2022年9月30日

研究成果普及助成
助成内容:研究成果の普及のため、国内外で行われるシンポジウム、会議などを開催するため
の諸費用に助成するものです。(Web 会議についても助成します。)

応募期間:随時(予算到達時打ち切り)

研究者 海外研修助成

助成内容:海外で開催されるシンポジウム、会議などへの出席に要する旅費・交通費及び宿泊費
助成範囲:1回分の渡航とします。(日数の限定はありません。)

応募期間:随時(予算到達時打ち切り)
学内締切:随時
※所属機関の長の推薦書が必要

▷詳細はこちら
【愛知県】「わかしゃち奨励賞」
募集テーマ
「イノベーションで未来に挑戦~新たな付加価値の源泉を創造」
科学技術に関する自らの研究に基づいて、その成果を活用することで、将来「産業や社会への大きな貢献」が見込める夢のある研究テーマ・アイデア(すぐに実現・事業化しなくても、企業等との共同研究等により成果の活用が期待できるものや、新たな研究開発のテーマとなる可能性のあるものを含む。)

応募資格:日本国内に在住し、令和4年4月1日現在40歳未満であること

○基礎研究部門:「真理の探究」、「基本原理の解明」や「新たな知の発見、創出や蓄積」などを志向し、その結果として新たな経済価値をもたらす革新的な基礎研究

■最優秀賞(1件) 賞状及び研究奨励金 30 万円
■優秀賞 (3件) 賞状及び研究奨励金 10 万円
■その他、共催団体等から副賞・特別賞が贈呈される場合があります。

○応用研究部門:産業の高度化・発展に繋がる研究又は社会的課題の解決に資する研究

■最優秀賞(1件) 賞状及び研究奨励金 30 万円
■優秀賞 (3件) 賞状及び研究奨励金 10 万円
■その他、共催団体等から副賞・特別賞が贈呈される場合があります。

応募期限:令和4年9月22日(木)

▷詳細はこちら
【徳山科学技術振興財団】研究助成/国際シンポジウム助成
研究助成

助成対象:新材料(無機、有機、高分子、その他)およびこれに関連する科学技術分野で、新材料開発の基礎ならびに応用を指向する独創的な研究
応募資格:国内の大学等に常勤する45歳未満の研究者で、所属機関の長の推薦を受けた者
助成金額:2,000千円/賢
対象期間:2023年6月より1年間
公募締切:2022年9月22日(正午必着)
学内締切:令和4年9月13日(火)
※所属機関長の推薦が必要となります

▷詳細はこちら

スタートアップ助成

助成対象:新材料(無機、有機、高分子、その他)およびこれに関連する科学技術分野で、新材料開発の基礎ならびに応用を指向する独創的な研究
応募資格:上記の研究助成の応募資格を満たす方のうち、学位取得後10年以内および現在のポジションに就いて3年以内の研究者。ただし、学位取得後に、産前・産後休暇、育児休業がある場合、その期間は除く。
助成金額:1,000千円/件
対象期間:2023年6月より1年間
公募締切:2022年9月22日(正午必着)
学内締切:2022年9月13日
※所属機関長の推薦が必要となります。

▷詳細はこちら

国際シンポジウム助成

助成対象:国内で開催される、新材料(無機、有機、高分子、その他)およびこれに関連する科学技術分野の国際シンポジウム
助成金額:100~300千円/件
対象期間:2023年5月より1年間
公募締切:2022年9月22日(正午必着)

▷詳細はこちら


【井上科学振興財団】第39回(2022年度)井上研究奨励賞
対象分野:理学、医学、薬学、工学、農学等の分野
対象者:過去3年の間に博士の学位を取得した2022年9月20日現在の年齢が37歳未満の研究者で、優れた博士論文を提出した若手研究者

研究奨励賞:賞状・メダルおよび副賞50万円

締切期日:2022年9月16日(金)(必着)

▷詳細はこちら
【鷹野学術振興財団】2022年度 研究助成

研究対象:電気電子工学、光学関連、画像処理関連、機械工学、物理学、情報工学、材料工学、化学関連、医療機器開発製造、健康・福祉機器開発製造、環境、エネルギー関連、農学

助成金額:300万円以内/件
応募対象:2022年9月15日現在満40歳以下の日本国籍を有する方。(大学院博士後期課程の学生を含む)
応募締切:2022年9月15日(木)
学内締切:2022年9月8日(木)
【井上科学振興財団】第15回(2023年度)井上リサーチアウォード
自然科学の基礎的研究で優れた業績を挙げ、更に開拓的発展を目指す若手研究者の
独創性と自立を支援することを目的とします。

対象:自然科学の基礎的研究で博士の学位を取得した研究者で、学位取得後
9年未満(2023年3月31日現在)であること。

助成金:500万円/一人当たり
研究期間:2年

締切期日:2022年7月29日(金)(必着)
学内締切:2022年7月22日(金)
※公募(自薦)とする。但し所属長の承諾が必要。

▷詳細はこちら
【イオン工学振興財団】2022年度「研究助成」
物質・生命・環境中のイオンの挙動を解明し、その機能を引き出し、それらを新しい
物質の合成や生命活動及び生態系の維持のための技術として生かす科学と技術の振興を計る
ことを通じ、調和のとれた科学・技術を発展させ、ひいては人類の福祉に貢献することを目的
として、イオンの関与する科学および工学の研究への助成を行います。

助成対象研究:若手研究者のイオンの関与する科学および工学の研究

応募資格:・国内の学術研究機関に所属する若手研究者(2023 年4月1日の時点で 38 歳未満)ただし、学部学生、大学院学生は応募できません。

助成金額:80万円/件

助成期間:助成金支給後、翌事業年度末(2024年3月31日)まで

応募締切:令和4年5月31日(火)
学内締切:令和4年5月17日(火)
※所属機関長の推薦が必要となります。
【カシオ科学振興財団】第40回(令和4年度)研究助成
対象研究分野

A …電気・機械工学系
B …医学・生理学系
C …人文科学系

募集研究テーマ
<特別テーマ>
題目「SDGsを達成するための課題解決に向けた研究」
助成金額:500万円

<基本テーマ1>
助成金額100万円

<基本テーマ2>
助成金額300万円

助成期間:原則として1年間

締切日:令和4年5月31日(火)必着
学内締切:基本テーマ:5月17日(火)
特別テーマ:5月24日(火)
※学部長(大学院研究科長、研究所長等を含む)とし、学部長等自らの申請の場合は、学長とします。
※推薦件数
基本テーマ:3件/1学部
特別テーマ:推薦件数は定めません
応募希望の方は研究推進・国際連携課  sangaku@gr.~にご連絡ください

▷詳細はこちら
【機械振興会】第57回 機械振興賞
対象分野:機械産業技術

技術開発
経済産業大臣賞・・・80万円
中小企業長官賞・・・50万円
機械振興協会会長賞・・・30万円
審査委員長特別賞・・・20万円

受付締切:令和4年5月31日(火)

▷詳細はこちら
【スズキ財団】令和4年度 課題提案型研究助成

令和4年度募集課題
自動車に代表される移動体の安全技術、情報・通信・制御等の技術、およびそれらの技術を使った自動運転技術、人間工学技術、事故防止技術、もしくは事故の被害を低減する技術などに関して想定される課題を提起して、その解決方法に向けた方策を提案して下さい。

助成金額:最大1,000万円/件

助成期間:2年間(令和4年7月から令和6年5月)

応募期間:5月20日(金)迄
※採択決定後に所属機関長(大学の場合は学科長、または学部長以上)の承認と推薦を受けることとします。(申請時には不要)

▷詳細はこちら
【スズキ財団】第3回「やらまいか大賞」及び「やらまいか特別賞」
対象分野:
「やらまいか大賞」:小型自動車をはじめとする国民生活用機械等の生産・利用・消費に係る科学的研究に関するもので、独創的・先進的であり、学術的・社会的発展に寄与した研究者
「やらまいか 特別賞」:過去に当財団から助成を受けた科学的研究であり、将来に渡り顕著な成果を期待できる研究者

表彰内容:
1)やらまいか大賞 1件 賞状 賞碑 副賞 1,000万円
2)やらまいか特別賞 1~3件 賞状 賞碑 副賞総額 300万円

応募形式:
自薦・他薦による公募形式(学会及び関係協会による推薦も認めます。)
自薦の場合は原則2名の方の推薦書を提出願います。

応募締切:令和4年5月31日(火)

▷詳細はこちら
【マツダ財団】2022年度マツダ研究助成

助成対象の研究分野
⑴機械に係わる研究分野
⑵電子・情報に係わる研究分野
⑶化学系材料に係わる研究分野
⑷物理系材料に関わる研究分野

助成金額:一律100万円 総額3,100万円

マツダ研究助成奨励:
助成対象の中から、若手研究者を主たる対象とし、選考委員会が特に優れた研究であるとみなした4件の研究に対し、マツダ研究助成奨励賞を授与し、副賞として研究助成金50万円を追加助成します。

助成期間:1年または2年

応募締切:2022年5月31日(火)(必着)
学内締切:2022年5月24日(火)

▷詳細はこちら

ページトップへ

【日本学術振興会】第13回 日本学術振興会 育志賞
対象分野:人文学、社会科学及び自然科学にわたる全分野

対象者:令和4(2022)年4月1日において34歳未満の者

授賞
賞碑及び副賞として学業奨励金110万円

応募締切:令和4年5月31日(火)
学内締切:令和4年5月17日(火)
※推薦書が必要となります。
推薦数:人社系・理工系・生物系 各1名その他に分野を問わず1名の計4名まで

▷詳細はこちら
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る