プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

政府系研究補助金情報

コンテンツタイトル下地
主な研究資金公募サイト
(学外・組織)

共同利用研究事業

2021年10月11日

【JST戦略的国際共同研究プログラム】AJ-CORE (Africa-Japan Collaborative Research) 第2回公募

募集分野:環境科学

募集締切:令和3年10月15日(金)16時(日本時間)

参加国及び支援機関
日本:Japan Science and Technology Agency: JST
南アフリカ:National Research Foundation: NRF
ボツワナ:Department of Research, Science and Technology: DRST

支援の内容:日本側研究者は3年間で1,800万円を上限として委託研究費を受け取ることができます。
※委託研究費には、直接経費の30%に当たる間接経費が含まれます。

▷詳細はこちら

【NICT】脳情報通信に関する国際共同研究開発の公募(第5回)

・概要:           以下の2つの区分について、どちらかを選択して研究開発を行います。
【区分1】 Research Proposals
【区分2】 Data Sharing Proposals
・研究開発期間:2022年度委託研究開始日から36か月間を予定
・研究開発予算:1件12か月当たりの総額10百万円~25百万円(税込)
米国の研究機関に対しては、研究分野によりNSF、NIH又はDOEが研究資金を提供します。また、フランスを含む場合、フランスの研究機関に対してはANRが、イスラエルを含む場合、イスラエルの研究機関に対してはBSFが、それぞれ研究資金を提供します。

提出期限:2021年11月25日(木)正午(日本時間)必着

▷詳細はこちら

ページトップへ

【NICT】次世代コアとBeyond 5G/6Gネットワークに関する日米共同研究の公募
2022年度委託研究

概要:以下の領域1又は領域2のどちらかを選択するか、あるいは両者を包含する提案とします。
【領域1】 ネットワークアーキテクチャ/ネットワーク内インテリジェンス
      及びプログラム可能なネットワーク機能に関する基礎技術
     (Network architectures/In-network intelligence and programmable network functionality)
【領域2】 スマートサービス、アプリケーション及び研究用テストベッドでの実験
     (Smart services, applications, and experimentation on research testbeds)

研究開発期間:委託研究開始日(2022年9月頃を予定)から36か月間。

研究開発予算:1件当たり、各12か月間に対して、15百万円(税込)を上限

提出期限:2021年12月15日(水)正午(日本時間)必着

▷詳細はこちら

ページトップへ

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る