プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

研究資金公募情報

コンテンツタイトル下地
主な研究資金公募サイト
(学外・組織)

【JST産学連携展開部】START プロジェクト推進型SBIRフェーズ1支援2021

2021年7月1日

SBIRフェーズ1支援は、各府省等から社会ニーズ・政策課題をもとに提示された研究開発テーマに対して、大学等の研究者による独創的アイデアにより研究者自らが概念実証(POC: Proof of concept)や実現可能性調査(FS: Feasibility study)を実施し、大学等発ベンチャーの起業や、大学等発ベンチャーを含む中小企業への技術移転を行うことにより、新技術の事業化を目指すプログラムです。

令和3年度より見直された「中小企業技術革新制度(SBIR)」の一環として、「官民研究開発投資拡大プログラム(PRISM)」の主導のもとで実施します。

フェーズ1
研究開発の内容について、科学技術的な実現可能性や技術的又は商業的な潜在性を判断するために実施する概念実証(POC: Proof of concept)や実現可能性調査(FS: Feasibility study)

事業期間:1年度以内
事業規模:直接経費300万円~1,500万円程度

フェーズ2
フェーズ1で得られた成果等を前提として取り組む研究開発
事業期間:1~2年程度
事業規模:1,000万円~数億円程度

フェーズ3
フェ-ズ2によって開発された技術、製品王の事業化に向けた準備
事業期間:事業に応じた期間
事業規模:設定せず

▷詳細はこちら

公募の対象となる研究開発テーマ
(1)最先端通信技術によりサイバー空間とフィジカル空間が高度に融合した世界で新たな価値を生み出す研究開発
【ニーズ元府省:総務省】
(2)ゲート型量子コンピュータの利活用に向けた、制御システムの設計や、アプリケーションソフトウェアの開発
【ニーズ元府省:文部科学省】
(3)農林水産業・食品産業の課題解決に貢献する研究開発【ニーズ元府省:農林水産省】 
(4)IoT 等の活用による内航近代化【ニーズ元府省:国土交通省】
(5)静止衛星ひまわりのデータを用いた社会課題解決に貢献する新たなサービス開発
【ニーズ元府省:国土交通省】
(6)人とコミュニケーションが取れ、福祉・医療支援や住民からの相談対応支援、安全安心なまちづくり等の分野で活躍できるロボット技術の研究開発
【ニーズ元府省:内閣府】
公募締切
令和3年7月29日(木)
研究開発期間
1年度(令和3年度末まで)
研究開発費
上限720万円
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る