プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

政府系研究補助金情報

コンテンツタイトル下地
主な研究資金公募サイト
(学外・組織)

【国土交通省】令和3年度建設技術研究開発助成制度 政策課題解決型技術開発公募

2021年4月28日

建設技術研究開発助成制度は、建設分野の技術革新を推進していくため、国や地域の諸課題(地球温暖化、社会インフラの老朽化、少子高齢化等)
の解決に
資するための技術開発テーマを国土交通省が示し、そのテーマに対し民間企業や大学等の先駆的な技術開発提案を公募し、優れた技術開発
を選抜し助成する
競争的研究費制度です。

テーマ(各タイプ共通)
[1]新工法を活用した建設現場の生産性向上に関する技術
 ・新しい工法、装置や仕組みの導入等による 工程短縮、省力化、
  コスト削減に資する技術
 ・作業の自動化等による安全性、品質の向上に資する技術 等

[2]新材料を活用した建設現場の生産性向上に関する技術
 ・材料の高機能化等による工程短縮、省力化、コスト削減に資する技術
 ・材料の高機能化等による安全性、品質の向上に資する技術 等

[3]新工法、新材料を活用したカーボンニュートラル実現等に資する技術
 ・二酸化炭素等温室効果ガス削減による環境負荷低減に資する技術
 ・産業廃棄物の削減等による周辺環境への負荷低減に資する新工法
 ・有害物質の低減等による周辺環境への負荷低減に資する新材料 等

   ※ただし、研究成果技術は、所要の機能と安全性が確保されていること
    を前提とする。
   (近年の開発分野)
    AI、ロボティクス、ドローン、複数広視野カメラ、地中埋設物の把握、
    汚泥のリサイクル 等

▷詳細はこちら

応募締切
一般タイプ:令和3年5月28日(金) (学内締切5月18日(火))
中小企業タイプ:令和3年7月16日(金) (学内締切7月6日(火))
交付可能期間
一般タイプ<新規>:1~2年間
中小企業タイプ:【事前調査(F/S)】1年間(助成1年目)
【技術開発(R&D)】1~2年間(助成2年目以降)
補助金額
一般タイプ<新規>:年度上限額1,000万円
中小企業タイプ:【事前調査(F/S)】500 万円まで
【技術開発(R&D)】2,000 万円まで (年度上限額 1,000 万)
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る