プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

各種研究助成情報

コンテンツタイトル下地
主な研究資金公募サイト
(学外・組織)

共同利用研究事業

2021年1月20日

(その他の分野は下記のタグから検索可能です。)

【名古屋大学宇宙地球環境研究所】2021年度 名古屋大学宇宙地球環境研究所共同利用・共同研究

▷詳細はこちら

1.国際共同研究
2.ISEE International Joint Research Program
3.国際ワークショップ
4.一般共同研究
5.奨励共同研究
6.研究集会
7.計算機利用共同研究
8.データベース作成共同研究
9.加速器質量分析装置等利用(共同利用)
10.加速器質量分析装置利用(委託分析)
11.SCOSTEP Visiting Scholar (SVS) Program

応募締切
項目1.~9
2021/1/15
項目11
2021/2/1
項目10
随時

ページトップへ

【大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所】2021年度 統計数理研究所共同利用

申請登録締切:2021年1月15日(金)
承諾書受付締切:2021年1月22日(金)
学内締切:2021年1月15日(金)
web登録
※所属長承諾書が必要となります。

実施期間:2021年4月1日~2022年3月31日

公募研究種別:
  • 共同利用登録
研究所以外の機関に所属する応募資格者 1 名が登録することにより、研究所の資源を用
いて統計数理に関する研究を行うものです。年度途中での申請ができます。
  • 一般研究1
 統計数理に関する一般的な共同利用研究を行うものです。年度途中での申請ができます。
  • 一般研究2
 統計数理に関する一般的な共同利用研究を行うものです。
 所外研究者の研究所への旅費の申請を行うことができます。
  • 重点型研究
  統計数理科学の更なる発展を鑑み、複数の共通したテーマを決定し、各テーマに関する
 共同利用研究を重点的に行うものです。重点テーマごとに「企画立案責任者」を置き、企
 画立案責任者を中心として、採択された各共同利用研究組織が重点テーマを主題に多角
 的に研究します。
 また、重点テーマごとに年 1 回以上の共通公開研究集会を開催いただきます。研究集会
 の実施場所は、原則として研究所となります。
 なお、各重点テーマの公募は、原則 2 年間継続されます。
  所外研究者旅費の申請を行うことができます。

  • 共同研究集会
 統計数理の研究及び関連領域との交流を活性化させることを目的として、複数の研究者
により研究集会を開催するものです。
 所外研究者旅費の申請を行うことができます。

▷詳細はこちら

ページトップへ

【京都大学エネルギー理工学研究所】「ゼロエミッションエネルギー研究拠点」2021年度 共同利用・共同研究の公募

本研究拠点は、地球環境問題を抜本的に解決する「ゼロエミッションエネルギー」に関するエネル
ギー研究の推進のために、京都大学エネルギー理工学研究所が有する、先端的・分野横断的な知識・
情報ならびに研究施設・設備を、全国の関連する研究者に供することを目的としています。

研究課題
(A)企画型共同研究
テーマ1 「太陽光・レーザー・バイオ等を利用したエネルギーシステムに関する研究」
テーマ2 「先進原子力システムおよびプラズマ利用に関する研究」
研究期間:1年以内
経費上限:購入経費と旅費の合計額60万円上限

(B)提案型共同利用・共同研究
研究期間:1年以内
経費上限:購入経費と旅費の合計額40万円上限
(C)共同利用
利用期間:1年以内
経費上限:購入経費と旅費の合計額40万円
(D)研究集会
開催時期:2021年度内に実施
経費上限:開催費と旅費の合計額は40万円

応募期限
令和3年1月22日(金)正午必着
研究経費
予算の範囲内において本研究所で支出します。
旅費
予算の範囲内において国立大学法人京都大学旅費規程により支給します。

▷詳細はこちら

ページトップへ

【群馬大学 生体調節研究所 】令和3年度「内分泌・代謝学共同研究拠点」


共同研究プロジェクト
「代謝疾患ゲノム研究プロジェクト」
「代謝シグナル機能研究プロジェクト」

研究期間:2021年4月1日~2022年3月31日の原則1年間
申請書の提出期限:令和3年1月28日(木)必着

採択件数:全体で36件程度を採択予定
うち,次の研究課題を重点課題として採択する予定です。
(1)「糖尿病,肥満関連の研究課題」 2件を限度に採択予定
(2)「若手(学位取得後8年以内)研究者・女性研究者の研究課題」 4件を限度に採択予定
(3)「外国研究者の研究課題」 8件を限度に採択予定
(4)「創薬・イノベーションの研究課題(生活習慣病を対象とした創薬シーズの探索)」 2件を限度に採択予定

研究経費
  • 「代謝疾患ゲノム研究プロジェクト」又は「代謝シグナル機能研究プロジェクト」の研究課題
    400千円
  • 糖尿病,肥満関連の研究課題:800千円
  • 若手(学位取得後8年以内)研究者・女性研究者の研究課題:500千円
  • 外国研究者の研究課題:※400千円
  • 創薬・イノベーションの研究課題(生活習慣病を対象とした創薬シーズの探索):800千円
※外国研究者の研究課題について、本研究所に来日する旅費は、1回に限り別途支給します。

▷詳細はこちら

ページトップへ

【新潟大学脳研究所】令和3年度 新潟大学脳研究所共同利用共同研究


【共同研究テーマ】

①脳神経病理標本資源に関する共同研究
②脳疾患ゲノム解析に関する共同研究
③脳疾患動物モデルの作製・解析に関する共同研究
④非侵襲的脳機能画像解析技術開発と臨床医学への応用に向けた橋渡し共同研究
⑤その他(本研究所の資源を活用した研究)

【課題の分類】
〇国内共同研究

  • プロジェクト型共同研究
    1研究当たりの共同研究費採択額 上限30万円
  • 連携資源利用型共同研究
   申請期限:令和3年1月31日(日)

〇国際共同研究
   申請期限:令和3年1月29日(金)

研究期間
公募:原則1年間(令和3年4月1日から令和4年3月31日まで)

▷詳細はこちら

ページトップへ

【国際日本文化研究センター】2021年度 国際日本文化研究センター特別共同利用研究員の募集

特別共同利用研究員のメリット
  1. 研究指導が受けられます
  2. 豊富な資料を利用できます
  3. 多様な研究会に参加できます
  4. 総合研究大学院大学の授業を聴講できます。
受入対象原則として、大学院博士課程(前期2年及び後期3年の課程に区分する博士課程にあっては、後期3年の課程)に在籍し、日本文化及びこれに関連する分野を専攻する者

受入期間
  1. 4月受入者:2021年4月1日から2022年3月31日までの1年間
  2. 10月受入者:2021年10月1日から2022年9月30日までの1年間

※受入れの期間は、原則として1年以内とし、特別共同利用研究員の研究状況により、当該大学院の申出があった場合、審査の上、その期間を1年に限り延長することができます。


提出期限
  1. 2021年4月1日からの受入れ分は、2021年2月1日(月)までとします。学内締切(1月25日(月))
  2. 2021年10月1日からの受入れ分は、2021年8月2日(月)までとします。学内締切(7月26日(月))
▷詳細はこちら

ページトップへ

【佐賀大学海洋エネルギー研究センター】令和2年度 共同利用研究(2次公募)

応募締切:研究費を申請しない研究については、随時受け付けています。
     研究費を申請する研究につきましては、令和 2 年 2 月 3 日(月)必着とします。
研究期間:採択課題の研究期間は、採択日から令和3年3月31日まで

区分 内容
特定研究 A :センターが注力している海洋温度差発電に関するもの
特定研究 B :センターが注力している波力発電に関するもの
特定研究 C :センターが注力している潮流発電に関するもの
特定研究 D: センターが注力している洋上風力発電に関するもの
一般共同研究:上記 4 分野に直接関連しない、その他海洋エネルギーに関する
       ものや、その他共同利用設備に関するもの
▷詳細はこちら

ページトップへ

【金沢大学環日本海域環境研究センター】2021年度金沢大学環日本海域環境研究センター共同研究・研究集会

「共同研究」・「研究集会」では、大気環境、海洋環境、陸域環境、統合領域の領
域に所属する施設や国際共同研究ネットワークや国際観測ネットワークを活用して
積み重ねてきた環日本海域の研究実績等のリソースを有効に活用し、国内外の関連
分野の研究者の参画を通して、グローバルな視野で越境汚染に伴う環境変動に関す
る国際共同研究拠点を形成する共同研究プログラムを推進します。

応募締切:令和3年2月15日(月)

研究実施期間:2021 年 4 月 1 日から 2022 年 3 月 31 日までの期間
   重点共同研究で複数年度採択の場合:
       2021 年 4 月 1 日から 2023 年 3 月 31 日までの期間。

(a) 重点共同研究(一般枠/国際枠) 3~4件程度(100 万円以内/年)
※ 研究期間は、重点共同研究のみ複数年度(2年間)でも申請が可能です。
※ 複数年度(2年間)の申請上限額は、各年度 100 万円、総額 200 万円とします。

(b) 一般共同研究 (一般枠/国際枠) 40件程度(10-30 万円/1 件)

(c)若手研究者育成共同研究(一般枠/国際枠) 2件程度(10-30 万円/1件)

(d)研究集会(一般枠/国際枠) 3件程度(30-60 万円/1 件)
※ 一般枠は、石川県内において開催する計画とします。
※ 国際枠は、研究代表者の所属機関又は周辺の施設で開催する計画とします。

▷詳細はこちら

ページトップへ

【日本台湾交流協会】2021年度共同研究助成事業(人文・社会科学分野)

1.事業の目的

日本と台湾双方の若手研究者が共同して研究活動・討議等を行うことにより、日台学術
交流のネットワークの形成及び協力関係を強化することを目的とする。


2.事業の対象
(1)人文科学または社会科学分野において新たに開始する共同研究で、新しい知識また
は概念の展開の可能性及び研究方法などの点で学術的価値があること。

(2)日台双方の研究者の間で十分な事前協議が行われ、共同研究の目的と内容が明確で
あること。

(3)2021年4月1日から2022年3月31日までに実施、終了する研究であること。

応募締切:令和3年2月19日(金)必着
助成金額:年間100万円上限/件

▷詳細はこちら


ページトップへ

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る