プリローダーイメージ
スマートフォンサイトはこちら

政府系研究補助金情報

コンテンツタイトル下地
主な研究資金公募サイト
(学外・組織)

共同利用研究事業

2020年12月23日

【JST国際部】SICORP「非医療分野における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連研究」共同研究課題募集


応募締切:令和3年2月1日(月)

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)は、世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の非医療分野における国際共同研究を支援するため、2020年5月に実施した国際緊急共同研究・調査支援プログラム(J-RAPID)に続いて米国、英国、仏国およびカナダを相手国とし、このうち一ヶ国と日本との二国間共同研究を支援することとなりました。

参加国及び支援機関

米国  米国国立科学財団(NSF: National Science Foundation)
英国  英国研究・イノベーション機構(UKRI: UK Research and Innovation)
仏国  仏国国立研究機構(ANR: Agence nationale de la Recherche)
カナダ カナダ国立研究機構(NRC: National Research Council Canada)

支援の内容

共同研究課題が採択された場合、日本側研究者は650万円~780万円の委託研究費を受け取ることができます。
※委託研究費には、直接経費の30%に当たる間接経費が含まれます。
採択課題数は10課題を予定しています。

▷詳細はこちら
【AMED国際戦略推進部】令和3年度 「医療分野国際科学技術共同研究開発推進事業(e-ASIA共同研究プログラム)」に係る公募について

e-ASIA 共同研究プログラム(e-ASIA JRP)は、平成24年6月に発足した東アジアサミット参加国を参加想定国とした多国間共同研究課題支援プログラムです。本プログラムは、アジア諸国において、科学技術分野における研究交流を加速することにより、研究開発力を強化するとともに、環境、防災、材料・代替エネルギー、農業、医療研究(感染症、がん)など、アジア諸国が共通して抱える課題の解決を目指しています。

公募締切:令和3年3月29日(月)
公募研究開発課題:
●感染症(Infectious Diseases)
●がん(Cancer Research)
委託研究開発費の規模:1課題当たり年間8,000千円程度
委託研究開発実施予定期間:最短3年間(4年度を越えない)令和3年度~令和6年度

▶詳細はこちら
【AMED国際事業部】令和3年度 「地球規模保健課題解決推進のための研究事業(日米医学協力計画の若手・女性育成のため日米共同研究公募)」に係る公募

応募締切:令和3年3月31日(水)
学内締切:令和3年3月19日(金)

公募分野:感染症疾患・免疫
研究期間:令和3年度~令和4年度(2年間)
研究開発費:1課題当たり2年間で総額60,000米ドル(間接経費を含む)
(日本側サブチームは、日本側サブチーム研究予算のうち、研究1年目に50%、2年目に残りの50%を契約することとします)。

▷詳細はこちら
【SICORP】e-ASIA共同研究プログラム(e-ASIA Joint Research Program; "e-ASIA JRP")
 令和3年度採択「材料」分野、「環境」分野 共同研究課題募集

e-ASIA JRPは、アジア地域において、科学技術分野の研究開発力の強化を目指し、研究交流を加速するとともに、アジア諸国が共通して抱える課題の解決を目指し、国際共同研究を推進するプログラムです。
共同研究の募集対象分野
①材料分野:「マテリアルズ・インフォマティクス」

1. コンピューターシミュレーションによる材料研究
・第一原理計算とモンテカルロ法などによるコンピューターシミュレーションを使用した材料開発。

2. 計算科学による材料研究
・第一原理計算と量子分子動力学によるコンピューター計算。計算科学による効率的材料開発。

3. データ科学による材料研究
・逆問題的アプローチ。機械学習。ベイズの定理の活用。目的の要素と触媒を発見するための大規模データ解析。

4. 新しいアルゴリズムと大規模データアプローチを使った材料性質予測による材料研究

5. AIとコンピューター技術を利用した材料研究

②環境分野:「海洋科学と気候変動」

1. 油濁(油による汚染)、海洋ゴミやプラスチック、重金属、栄養素、陸地からの汚水などによる海洋汚染を防止するための対策に関する研究

2. 魚介資源、石油、ガス生産などの天然資源の持続可能な利用を含む、海洋生態系と生物多様性の保全に関連する研究

3. 地球温暖化や海面上昇、異常気象などの地域の気候変動による現象や災害に対応した海洋および沿岸地域のレジリエンスの向上に関する研究


JSTの支援内容
採択された日本側研究者は、3年間で直接経費2,700万円を上限として委託研究費をJSTより受け取ることができます。委託研究費には直接経費の30%に当たる間接経費が別途支給されます。

募集期間等
Lead PIからe-ASIA事務局への応募締切:令和3年3月29日(月)午後5時(タイ時間)
日本側研究代表者によるe-rad登録締切:令和3年3月29日(月)午後7時(日本時間)
採択決定時期:令和3年11月下旬(予定)
支援開始時期:令和4年4月1日(予定)

▶詳細はこちら
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る