埼玉大学 埼玉大学URAオフィス

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

埼玉大学URAオフィス

  • Home  >  
  • イベント

イベント

イベント一覧

2017/7/27
【報告】「平成29年度第1回科研費説明会」を開催しました

7月24日(月)、科研費の申請件数の拡大、採択件数の向上と、公的研究費の不正使用および研究活動上の不正行為の防止を図るため「平成29年度第1回科研費説明会」を開催しました。

佐藤理事の挨拶に引き続き、渡邊理事から「科研費の採択に向けて」と題して講演していただき、これまでご自身が文部科学省学術研究助成課長や日本学術振興会理事として携わってきた経験をもとに科研費の審査方法や採択を目指す上での留意点等について、詳細に説明いただきました。

続いて人文社会科学研究科 山崎敬一教授から、「科研費申請には挑戦が必要である-採択・非採択・審査委員という三つの立場から-」と題してご自身の経験に基づき科研費申請についてのアドバイスをいただきました。

次に大場主任URAから「科研費改革の概要について」と題し、審査システムの変更、研究種目・枠組みの見直し及び応募書類の変更について、説明がありました。

また、研究支援課から研究活動上の不正行為防止等について、監査室からは公的研究費の不正使用について、研究推進課からは申請スケジュールについて、それぞれ説明を行い、コンプライアンス意識の向上を図りました。

当日は約50名の教職員の参加があり、熱心に聴講されるとともに、参加者から多数の質問があり科研費採択に向けて熱い思いが伺える、有意義な説明会となりました。

 

 

2017/7/17
【報告】「英語論文執筆ワークショップ」を開催しました

埼玉大学研究機構URAオフィスでは、2017年7月12日、David Kipler氏(英文校正エディテージ)を講師として「英語論文執筆ワークショップ」を開催しました。

本ワークショップは、良いサイエンスライティングの特徴を学び、論文執筆力を向上させることを目的としたもので、教員など23名が参加しました。

まず、「研究論文の執筆と修正」と題した講義で、サイエンスライティングの原則は、「Clear」(明確な)「Accurate」(正確な)「Concise」(簡潔な)であることが解説されました。続く、「英語論文原稿の公開添削指導」のセッションでは、これらの原則に基づき、本学の研究者が執筆した英語論文のアブストラクトを、講師と受講者が議論しながら修正しました。

熱心な質疑応答がなされ、受講者からは、「とても分かりやすかった」「大変参考になった」などの感想が寄せられました。

 

月間アーカイブ