埼玉大学 埼玉大学URAオフィス

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

埼玉大学URAオフィス

  • Home  >  
  • 公募情報

公募情報

公募情報一覧

2017/7/31
【JST】戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)日本-イスラエル(MOST)共同研究課題募集

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2017/7/31~2017/10/16
金   額
上限2,340万円/3年
研 究 期 間
3年間
2017/7/31
【(公財)山田科学振興財団】2018年度長期間派遣援助

2017/7/31掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
~2017/10/31
対 象 分 野
物理、化学、生物・医学及びそれらの複合領域・関連分野
2018年4月1日~2019年3月31日に出発予定を対象とする
金   額
US$10,000/人
2017/7/31
【(公財)旭硝子財団】2017年度環境フィールド研究 近藤記念グラント

2017/7/31掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
~2017/9/22
対 象 分 野
絶滅危惧種の保護や外来種対策を含む生物多様性・生態系の保全・再生や持続的利用などに関する基礎科学から応用科学
金   額
400万円以内/件
2017/7/31
【(公財)旭硝子財団】2017年度研究奨励

2017/7/31掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
自然科学系 ~2017/9/8


人文・社会科学系 ~2017/9/22
対 象 分 野
自然科学系 第1分野:化学・生命科学
第2分野:物理・情報
第3分野:建築・都市工学


人文・社会科学系 持続可能な社会の実現に向けた
人文・社会科学的な研究
金   額
自然科学系 第1分野:200万円
第2分野:200万円
第3分野(実験研究):200万円
第3分野(調査研究):150万円


人文・社会科学系 上限100万円
2017/7/31
【JST】産学共同実用化開発事業(NexTEP)平成29年度第2回公募

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2017/7/31~2017/11/30
金   額
原則、総額1億円以上50億円以下(一般管理費)
研 究 期 間
原則10年以下
2017/7/31
【情報通信研究機構】スマートコミュニティを支える高信頼ネットワークの基礎技術の創出に向け米国との共同研究開発の公募

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2017/7/31~2017/12/4
金   額
上限15百万円/年
研 究 期 間
契約締結から36ヶ月間を予定
2017/7/31
【JST】A-STEP 平成29年度 ステージⅢ:NexTEP-Aタイプ

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2017/7/31~2017/11/30
金   額
総額1億円以上15億円以下
研 究 期 間
最長10年
備   考
事前に研究機構オープンイノベーションセンターに
問合せ願います。(内線5188)
2017/7/27
【報告】「平成29年度第1回科研費説明会」を開催しました

7月24日(月)、科研費の申請件数の拡大、採択件数の向上と、公的研究費の不正使用および研究活動上の不正行為の防止を図るため「平成29年度第1回科研費説明会」を開催しました。

佐藤理事の挨拶に引き続き、渡邊理事から「科研費の採択に向けて」と題して講演していただき、これまでご自身が文部科学省学術研究助成課長や日本学術振興会理事として携わってきた経験をもとに科研費の審査方法や採択を目指す上での留意点等について、詳細に説明いただきました。

続いて人文社会科学研究科 山崎敬一教授から、「科研費申請には挑戦が必要である-採択・非採択・審査委員という三つの立場から-」と題してご自身の経験に基づき科研費申請についてのアドバイスをいただきました。

次に大場主任URAから「科研費改革の概要について」と題し、審査システムの変更、研究種目・枠組みの見直し及び応募書類の変更について、説明がありました。

また、研究支援課から研究活動上の不正行為防止等について、監査室からは公的研究費の不正使用について、研究推進課からは申請スケジュールについて、それぞれ説明を行い、コンプライアンス意識の向上を図りました。

当日は約50名の教職員の参加があり、熱心に聴講されるとともに、参加者から多数の質問があり科研費採択に向けて熱い思いが伺える、有意義な説明会となりました。

 

 

2017/7/27
【京都大学生存圏研究所】信楽MU観測所・赤道大気観測所共同利用研究課題(平成29年12月~30年5月分)

2017/7/27掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
~2017/9/15
対 象 分 野
信楽MU観測所及び赤道大気観測所における
MUレーダー・EARをはじめとする各種装置を用いた観測の
共同利用、及びそれらの観測データベースを用いた共同研究
2017/7/27
【カクタス・コミュニケーションズ(株)】2017年度エディテージ研究費

2017/7/27掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
英文校正グラント: 常時
海外出張グラント: ~2017/10/31(第1回)
  ~2018/3/31(第2回)
基礎研究グラント: ~2017/8/31(第1回)
  ~2018/1/31(第2回)
対 象 分 野
自然科学・人文科学・社会科学
金   額
英文校正グラント:5万円/件
海外出張グラント:20万円/件
基礎研究グラント:50万円/件
備   考
過去2年間科研費に採択されなかった
40歳以下の研究者を対象とします。