埼玉大学 埼玉大学URAオフィス

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

埼玉大学URAオフィス

  • Home  >  
  • 公募情報

公募情報

公募情報一覧

2017/1/25
【(一財)山下太郎顕彰育英会】第28回山下太郎学術研究奨励賞

2017/1/25掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
2017/3/1~2017/3/31
学 内 締 切
2017/3/24
応 募 資 格
1.秋田県出身、または秋田県内の研究機関等に所属する者
2.平成29年4月1日現在において満40歳未満
3.最近5年間に学術研究誌、展覧会・発表会において
入賞・入選等の実績がある者
金   額
副賞100万円
備   考
申請者の所属する学会、協会、または
研究機関等代表者の推薦書が必要となります。
2017/1/25
【(公財)武田科学振興財団】2017年度ライフサイエンス研究奨励

2017/1/25掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
~2017/4/4
学 内 締 切
2017/3/28
対 象 分 野
健康増進に寄与する生命科学分野の進歩、発展に貢献すると考えられる研究
(理学・工学・農学)
金   額
200万円/件
備   考
・全ての助成プログラムを通して、同一年度1研究者1件とします。
・同一講座(教室、グループ等)からの応募は1件に限ります。
所属長推薦必要となります。
推薦者が推薦できる候補は1件のみとします。
2017/1/25
【JST】e-ASIA共同研究プログラム平成29年度採択「材料」、「先端融合」分野 共同研究課題募集

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2017/1/25~2017/3/23
金   額
2,700万円の直接経費及び30%の間接経費
研 究 期 間
3年間
2017/1/23
【NEDO】平成29年度「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」第1回公募

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2017/1/23~2017/2/21
金   額
研 究 期 間
インキュベーション
研究開発フェーズ:
2千万円程度/件・年 2年以内
実用化開発フェーズ: 3億円程度/件・年 3年以内
実証開発フェーズ: 10億円程度/件・年 3年以内
備   考
*事前に研究機構オープンイノベーションセンターに問合せ願います。(内線5188)
2017/1/23
【NEDO】「超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト」(追加公募)

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2017/1/23~2017/2/21
金   額
3億円
研 究 期 間
平成29年度~平成33年度
2017/1/18
【フジサンケイビジネスアイ】第31回独創性を拓く先端技術大賞

2017/1/18掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
~2017/3/31
対 象 分 野
A:エレクトロニクス・情報
B:バイオ、生体・医療、医薬、食品
C:材料
D:環境・エネルギー
E:機械・土木・建築
F:化学
2017/1/17
【AMED】平成29年度「地球規模保健課題解決推進のための研究事業」

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2017/1/17~2017/2/22
学 内 締 切
2017/2/10
金   額
1件当たり年間5,000千円程度(間接経費を含む)
研 究 期 間
平成29年度~平成31年度
2017/1/17
【JST】大学発新産業創出プログラム(START)平成29度募集プロジェクト支援型公募要領 第1サイクル

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2017/1/17~2017/3/15(1次申請)
2017/1/17~2017/5/24(2次申請)
学 内 締 切
2017/3/3(1次申請)
2017/5/17(2次申請)
金   額
1プロジェクト平均3千万円/年
研 究 期 間
3年以下
備   考
※事前に研究機構オープンイノベーションセンターに
問合せ願います。
(内線5188)
2017/1/16
【(公財)中山隼雄科学技術文化財団】平成28年度第2回国際交流(参加)

2017/1/16掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
2017/1/15~2017/4/15
対 象 分 野
遊び・ゲーム等に関する国際会議等の活動に対する助成
(参加期間:平成29年6月1日~平成29年11月30日)
金   額
総額70万円以内
2017/1/16
【(公財)武田科学振興財団】2017年度医学系研究奨励

2017/1/25掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
~2017/4/4
学 内 締 切
2017/3/28
対 象 分 野
医学分野の進歩・発展に貢献する独創的な研究
金   額
200万円/件
備   考
・全ての助成プログラムを通して、同一年度1研究者1件とします。
・同一講座(教室、グループ等)からの応募は1件に限ります。
所属長推薦必要となります。
推薦者が推薦できる候補は1件のみとします。
月間アーカイブ