埼玉大学 埼玉大学URAオフィス

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

埼玉大学URAオフィス

  • Home  >  
  • 公募情報

公募情報

公募情報一覧

2016/6/30
【AMED】平成28年度「医療機器開発推進研究事業」に係る公募(2次公募)について

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/6/30~2016/7/29
学 内 締 切
2016/7/9
研 究 課 題
①医療機器開発に利活用する疾患登録システム(患者レジストリ)の研究開発
②構築された疾患登録システム(患者レジストリ)を活用して医療機器を開発・改良する臨床研究・医師主導治験
③医療費適正化に資する革新的医療機器の臨床研究・医師主導治験
金   額
1課題あたり上限100,000千円程度/年
1課題あたり上限40,000千円程度/年(臨床研究)
              上限60,000千円程度/年(医師主導治験)
1課題あたり上限40,000千円程度/年(臨床研究)
              上限60,000千円程度/年(医師主導治験)
研 究 期 間
 最長3年
2016/6/30
【総務省】平成28年度 情報通信技術の研究開発(追加課題)に係る提案の公募

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/6/30~2016/8/1
学 内 締 切
2016/7/22
研究開発課題
I   :高効率かつセキュアなIoTデータ収集・配信ネットワーク制御技術の確立
II  :効率的かつ安定的なIoTデバイス接続・エリアネットワーク運用管理技術の確立
III :多様なIoTサービスに活用可能なIoTデータ形式共通化・正規化・抽出技術の確立

金           額
I 1.48億円
II 1億円
III 1億円
研 究 期 間
平成28年度から平成30年度まで3年間
2016/6/29
【(一財)ホーユー科学財団】平成29年度研究助成

2016/6/29掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/7/1~2016/9/30
金   額
1テーマ50~100万円(総額1000万円)
対 象 分 野
毛髪科学、皮膚科学、薬理学、染色化学に関する研究
2016/6/29
【(公財)日本教育公務員弘済会】平成29年度日教弘本部奨励金

2016/6/29掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/6/1~2016/9/30
金   額
100万円/件
対 象 分 野
学術、芸術、福祉、国際交流、環境保護等
2016/6/28
【JSPS】国際共同研究教育パートナーシッププログラム(PIREプログラム)

>>詳細はこちら

応 募 期 間
予備申請             ~2016/9/14(NSF側のみ)
本申請   2017/4/3~2017/4/24
金   額
1課題あたり1,000万円以内/年
(全研究期間での総額は5,000万円以内)
研 究 期 間
開始日より最長5年間
備   考
申請は予備申請及び本申請の2段階で受け付け、予備申請はNSF側のみで実施されますので、本事業に申請を希望する日本側研究者代表は、米国側研究代表者に予備申請をNSFに提出するよう要請してください。予備申請を行った場合は、研究協力課にその旨の連絡をお願いいたします。

2016/6/27
【JSPS】平成29年度 リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/6/27~2016/8/26
学 内 締 切
2016/8/22
金   額
本会が負担する経費
①所属機関から会場への往復交通費(国内・海外旅費)
②会議参加費
主催者が定める会議参加費(主催者が提供する宿泊施設の使用に要する経費・食事代が含まれる)
研 究 期 間
化学関連分野
平成29年6月25日~6月30日の会議全日程に参加すること

経済学関連分野
平成29年8月22日~8月26日の会議全日程に参加すること

備   考
国際交流事業用ID・パスワードが必要です。
未取得の場合は、所属部局の担当者を経由の上、研究協力課へ連絡願います。
2016/6/27
【NEDO】「新規ナノ炭素材料開発技術に関する検討」に係る公募について

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2016//27~2016/7/21
金   額
10百万円から20百万円程度
研 究 期 間
NEDOが指定する日から平成29年2月28日まで
2016/6/24
【山田養蜂場】2016年度研究助成

2016/6/24掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/6/8~2016/7/8
金      額
1.予防医学研究助成:100~500万円/年(研究テーマによる)
2.養蜂研究助成:100万円/年
対 象 分 野
1.予防医学研究助成:健康寿命の延伸、サプリメント開発に関する研究等
2.養蜂研究助成:養蜂業に関する研究(特にミツバチ寄生ダニに関する研究)
備      考
若手研究者育成のため、45歳以下の応募を優先的に採択する。
2016/6/24
【(公財)旭硝子財団】環境フィールド研究

2016/6/24掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
~2016/8/12
金      額
200~400万円/件
対 象 分 野
絶滅危惧種の保護や外来種対策を含む生物多様性・生態系の保全・再生や
持続的利用などに関する、基礎科学から応用科学までを含めた研究分野を対象とする。
フィールド調査対象地域は日本ならびに周辺のアジア地域とする。
2016/6/24
【(公財)旭硝子財団】研究奨励

2016/6/24掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
1.自然科学系:~2016/8/12
2.人文・社会科学系:~2016/8/26
金      額
1.自然科学系:150~200万円(分野による)
2.人文・社会科学系:100万円
対 象 分 野
1.自然科学系:化学・生命科学、物理・情報、建築・都市工学
2.人文・社会科学系:持続可能な社会の実現に向けた人文・社会科学的な研究
月間アーカイブ