埼玉大学 埼玉大学URAオフィス

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

埼玉大学URAオフィス

  • Home  >  
  • 公募情報

公募情報

公募情報一覧

2016/5/26
【AMED】平成28年度「循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策実用化研究事業」に係る公募(3次公募)について

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/5/26~2016/7/11
学 内 締 切
2016/7/1
募 集 課 題
分野3.生活習慣病対策分野 ア.【循環器疾患(脳卒中を含む)】
①特発性心室細動の発症予測精度向上のための遺伝子解析研究
分野3.生活習慣病対策分野 ア.【循環器疾患(脳卒中を含む)】
②家族性高コレステロール血症における冠動脈疾患の発症予測精度向上のための遺伝子解析研究
分野3.生活習慣病対策分野 ア.【循環器疾患(脳卒中を含む)】
③心不全リバースリモデリングの予測精度向上のための多層的オミックス解析研究
金   額
1課題当たり年間40,000千円程度(間接経費含む)
1課題当たり年間30,000千円程度(間接経費含む)
1課題当たり年間20,000千円程度(間接経費含む)
研 究 期 間
最長1年
2016/5/25
【AMED】平成28年度「医薬品等規制調和・評価研究事業」に係る公募(3次公募)について

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/5/25~2016/6/27
学 内 締 切
2016/6/17
公 募 課 題
1.小児医薬品の実用化に資するレギュラトリーサイエンス研究
2.腎領域における慢性疾患に関する臨床評価ガイドラインの策定に関する研究
3.医療機器の安全対策充実のためのリスク・ベネフィット評価のフレームワーク構築に関する研究
金   額
1 1課題当たり年間、7,600千円程度
2 1課題当たり年間、4,000千円程度
3 1課題当たり年間、3,000千円程度
研 究 期 間
1 最長3年度 平成28年度~平成30年度
2 最長3年度 平成28年度~平成30年度
3 最長2年度 平成28年度~平成29年度
2016/5/24
【NEDO】 「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)/革新的設計生産技術」に係る追加公募について

>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/5/24~2016/6/24
金   額
年間3千万円(下限)~ 5千万円(上限)/1プロジェクト
研 究 期 間
平成28年度から平成30年まで
2016/5/24
【報告】競争的資金獲得セミナー「CREST・さきがけの申請に向けて」を開催しました

2016年5月20日(金)

競争的資金獲得セミナー「CREST・さきがけの申請に向けて」を開催しました

 

競争的資金獲得セミナー

※クリックで拡大表示

平成28年5月20日(金)、大学会館2階ラーニングコモンズAにて、当URAオフィス主催の競争的資金獲得セミナー「CREST・さきがけの申請に向けて」を開催しました。

本セミナーでは、講師として科学技術振興機構(JST)より佐藤勝昭先生をお招きして、JSTの事業であるCREST・さきがけの概要や申請ポイントについてご講演いただきました。佐藤先生はこれまでに、さきがけ領域「革新的次世代デバイスを目指す材料とプロセス」の研究総括、および「エネルギー高効率利用と相界面」の領域アドバイザーを務めておられ、審査する側からの率直なご意見、アドバイスを伺うことができました。講演の最後に「競争的資金応募の一助となることを願っています。」と締めくくられました。

会場の参加者からの「申請書の各項目のうち重点を置くのはどこか?」、「科研費との書き方の違いのポイントは?」といった質問にも具体的にご回答いただき、活発な議論がなされました。アンケートでも「申請書の書き方や考え方について大変参考になった」、「具体的な説明があり面白かった」といった感想が寄せられました。

今後も同様のセミナーを開催する予定です。

sakigakeseminor

当日の配付資料はこちらからダウンロードできます。

【文責 URAオフィス 梅村佳美】
2016/5/23
【国交省】平成28年度 住宅・建築 住宅・建築 物技術高度化 事業

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/5/23~2016/6/23
金   額
技術開発に要する費用の1/2以内(限度額:国費5.000万円/年)
研 究 期 間
3年以内
2016/5/23
【放射線医学総合研究所】重粒子線がん治療装置等共同利用研究課題及び装置共用課題の募集

2016/6/1掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/5/23~2016/6/20
研 究 内 容
平成28年度に重粒子線がん治療装置等を利用して行う
共同利用研究課題及び装置共用課題の募集
研 究 期 間
当該年度(単年度)とする
備   考
共通備品として設置して欲しい装置などがある場合は、
研究計画詳細に記述すること
2016/5/20
【AMED】平成28年度「ゲノム医療実用化推進研究事業」に係る公募について

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/5/20~2016/6/17
学 内 締 切
2016/6/7
金   額
1研究開発課題あたり40,000~60,000千円程度/年
研 究 期 間
最長3年間
2016/5/20
【総務省】戦略的情報通信研究開発推進事業 SCOPE 「異能(Inno)vation」プログラム 平成28年度採用分

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/5/20~2016/6/27
金   額
技術開発期間(1年)における支援額 300万円を上限
採 用 期 間
一次選考終了後(平成28年8月中旬を予定)から最長で1年間(平成29年8月中旬頃まで)
備   考
他薦:推薦する際は、本プログラムへの推薦について被推薦者に一切その内容を知らせないこと
2016/5/19
【(公財)りそなアジア・オセアニア財団】環境プロジェクト助成

2016/5/19掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
~2016/8/31
金   額
50~100万円/件
対 象 分 野
アジア・オセアニア諸国における環境事業
2016/5/19
【(公財)りそなアジア・オセアニア財団】平成28年度助成事業

2016/5/19掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
~2016/7/31
金   額
1.個人研究助成 50~150万程度/件
2.共同研究助成 100~200万程度/件
対 象 分 野
アジア・オセアニア諸国に関する社会・人文学分野