埼玉大学 埼玉大学URAオフィス

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

埼玉大学URAオフィス

  • Home  >  
  • 公募情報

公募情報

公募情報一覧

2016/5/31
【NEDO】「バイオマスエネルギーの地域自立システム化実証事業/地域自立システム化実証事業/事業性評価(FS)」に係る第三回公募について

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/5/31~2016/7/7
金   額
1テーマあたり事業期間・内容に応じて15百万円以内
研 究 期 間
NEDOが指定する日から平成29年3月10日まで
2016/5/31
【JST】戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」平成28年度追加公募

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/5/31~2016/6/28
研究開発項目
(5)-(C)-a
アセットマネジメントに関わる技術の地域への実装支援
(5)-(C)-b
アセットマネジメントに関わる技術の事業化支援
金   額
(5)-(C)-a 上限2~3千万円程度/件
(5)-(C)-b 上限1~3千万円程度/件
研 究 期 間
最大3年度
2016/5/27
【文科省】平成28年度次世代加速器要素技術開発プログラムの公募について

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/5/27~2016/6/17
金   額
総額2億円以内 ただし、年間5千万円以内
研 究 期 間
5年以内(平成28年度~平成32年度)
2016/5/26
【AMED】平成28年度「再生医療実用化研究事業」に係る公募(1次公募)について

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/5/26~2016/6/27
学 内 締 切
2016/6/17
募 集 課 題
①再生医療等安全性確保法に従って実施する臨床研究
②企業等の協力を得ながらプロトコールを組む医師主導治験
③多能性幹細胞由来の移植細胞における造腫瘍性評価に関する研究
④移植細胞の造腫瘍関連試験に関する多施設共同研究
金   額
1課題当たり最大 50,000千円程度/年
1課題当たり最大100,000千円程度/年
1課題当たり最大 30,000千円程度/年
AMED拠出分
1 年目は、      年間70,000 千円程度
2 年目以降は、年間30,000 千円程度
企業側拠出分
2 年目以降は、年間20,000 千円以上
研 究 期 間
①~③ 最長3年程度(平成28年度~平成30年度)
④         最長4年程度(平成28年度~平成31年度)
2016/5/26
【(公財)NSKメカトロニクス技術高度化財団】研究開発助成

2016/5/26掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
~2016/6/30
金   額
200万円/件
対 象 分 野
トライボロジ-・センサー・アクチュエーター
軸受、直線運動機構・運動及び動力伝達機構とその要素
機械の精密運動制御・ロボット機構と制御
メカトロニクス技術の産業応用
2016/5/26
【(公財)浦上食品・食文化振興財団】研究助成

2016/5/26掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/6/1~2016/7/10
金   額
300万円/件
対 象 分 野
1.食品加工技術に関する研究
2.食品と健康に関する研究
3.香辛料食品に関する研究
4.食嗜好に関する研究
5.食品の安全性に関する研究
2016/5/26
【AMED】平成28年度「Medical Artsの創成に関する研究(外科、がん、看護、リハビリ等の新たな医療技術やソフトウェアの開発)」に係る公募について

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/5/26~2016/7/5
学 内 締 切
2016/6/24
募 集 課 題
分野1 医療技術開発(分野2及び3を除く)
①外科診療並びに内視鏡や放射線機器等を用いた診療等における医療手技のエビデンスの確立
②医療の質の向上や効率化に資する、様々な職種が行う医療手技や支援プログラムのエビデンスの創設
分野2 がん治療法開発
①エビデンスに基づく希少がんの(標準的)治療法の開発支援
1 臨床試験のプロトコールの作成
2 全国症例登録システムの構築
②生殖機能温存を意識したAYA世代のがん治療法の開発
分野3 医療機器開発
情報通信技術(ICT)等を用いた医療支援を行うためのソフトウェアの開発
金   額
分野1① 1課題当たり上限50,000千円程度/年
※2年目以降は 10,000千円程度
分野1② 1課題当たり上限3,000~15,000千円程度/年
分野2①-1 1課題当たり上限3,000~5,000千円程度/年
※2年目以降は 20,000千円程度
分野2①-2 1課題当たり上限50,000千円程度/年
※2年目以降は 10,000千円程度
分野2② 1課題当たり上限20,000千円程度/年
分野3 1課題当たり上限50,000千円程度/年
研 究 期 間
最長1年
2016/5/26
【小貫英教育学研究助成記念基金】小貫英教育賞

2016/5/26掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/8/1~2016/10/31
金      額
40万円/編
応 募 対 象
心理学分野におけるオリジナリティーを持った、
新規の研究に関する論文
2016/5/26
【(公財)NSKメカトロニクス技術高度化財団】集会助成

2016/5/26掲載 >>詳細はこちら

応 募 期 間
前期:~2016/6/30
後期:~2016/12/20
金   額
50万円/件
対 象 分 野
メカトロニクス技術に関する研究
2016/5/26
【AMED】平成28年度「免疫アレルギー疾患等実用化研究事業(免疫アレルギー疾患実用化研究分野)」に係る公募(2次公募:バリア臓器におけるかゆみ等末梢神経シグナルに焦点を当てた研究領域)について

>>詳細はこちら

応 募 期 間
2016/5/26~2016/7/5
学 内 締 切
2016/6/24
金   額
2-N【革新領域】病態解明治療研究(基礎的研究〜ステップ0)
1課題当たり年間、10,000千円~25,000千円程度
3-N【革新領域】医薬品等開発研究(ステップ1〜ステップ2)
1課題当たり年間、15,000千円~50,000千円程度
研 究 期 間
最長3年度
月間アーカイブ